ja.blackmilkmag.com
新しいレシピ

サンセールルージュ:あなたが知る必要のあるワイン

サンセールルージュ:あなたが知る必要のあるワイン


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


ブランで知られるワイン産地では、サンセールルージュは予想外の喜びです

あなたの多くはサンセールを知っていて、飲むのが大好きです。それは10年前の怒りのようなものでした。サンセールは、フランスのロワール渓谷のワイン産地の東端にあるサントル地方のアペラシオンです。私たちのほとんどは、常にソーヴィニヨンブランから作られた、この地域を支配する白に精通しています。さわやかで清潔、そしてさわやかなこれらのワインは非常に人気があり、それには正当な理由があります。一般的に、それらは価格に対して優れた品質である傾向があり、世界的にソーヴィニヨンブランの基準を設定するのに最適なものがいくつかあります。

多くの人が知らないのは、この主に白ワインの原産地でも、かなりの量の赤ワインが生産されるということです(この地域の生産量の約20パーセント)。サンセールルージュのラベルを付けるには、ワインは100%ピノノワールでなければなりません。これらのピノットは、その白人の圧倒的な人気を考えると、この地域では売れ行きが悪かった。多くの生産者は赤のほとんどを地元で販売しており、多くの生産者は最低品質のワインを取り、それを冷やして夏に昼食をとるブドウ園の労働者に提供しています。 (サンセールで生産されたピノノワールロゼもあります。)

このスタイルのピノノワールは、ブルゴーニュの隣人よりも複雑ではないため、注目に値しないという意味ではありません。冷えた温かいワインとして、とても楽しめます。これらのワインのますます多くが米国で入手可能になり、それらはここに属しています!白のように、ほとんどは無垢で、率直で、単にさわやかです。フルボディのロゼやライトボディのレッドのように飲むことができます。彼らは一般的に活気に満ちた酸味を持っている傾向があり、これらのまだ暖かい秋の初期にグリルから出てくるものと一緒に飲むのに最適です。

マシューコンウェイはの作成者です www.underripe.com、熟していないミレニアル世代を対象としたワインに焦点を当てたウェブサイト。彼はRestaurantMarcForgioneでゼネラルマネージャー/ソムリエを務めています。コンウェイは現在、コロラド州ボールダーを拠点とするソムリエジャーナルの編集諮問委員会のライターでもあります。


ワインメーカーが実際にブドウの木の中に住んでいるときの意味

ワインは地球の産物であり、農民が自分たちの土地に縛られていることを知っていることは、その最初の一口を飲もうとしている人に違いをもたらすはずです。

家とはどういう意味ですか?一部のワインメーカーにとって、それはブドウの木に囲まれた家を意味します。彼らは家族を育て、家畜を飼育します。ブドウの栽培とワインの製造は単なる仕事ではなく、生き方です。

昼夜を問わず、ブドウの木の中にいるということは、イタリアのワインメーカーがかつて私に言ったように、他の人がそうしないかもしれないことを考慮に入れることを意味します。このワイン醸造業者のグループでは、有機農業(またはバイオダイナミック農法、または従来の農業に反する一連のアプローチの再生)が間違いなく普及しています。スケールも関係します。小さいことは必ずしも良いことを意味するわけではありません&#x2014大規模なワイナリーによって作られた良いワインはいくつもあります&#x2014しかし、自分で土地を耕作するときは、地面の各窪みと溝、天候の季節変化に関する個人的な知識があります年、そして各ブドウの木の個々のキャラクターは、オプションではなく必然になります。

これらのワインに注意を払うかどうかは、味だけではありません。ファーストフードのハンバーガーと同じように、大量生産されたワインがたくさん研ぎ澄まされて、感覚を刺激し、もう一度一口飲みたくなるようにしています。家屋敷の製品であるワインを選ぶことは、起源とアプローチについてです。ワインは、農民が自分たちの土地に結びついていることを知っている地球の産物であり、そのため、土地を慎重に扱い、良心を持って行動するように駆り立てられています。

2017 Ravent&#xF3s I Blanc Blanc De Blancs($ 22)

&#x2029この歴史的なスペインの邸宅にある彼の最も古いブドウ園のすぐ上に住んでいるPepeRavent&#xF3sは、400年以上前の彼の家族の農業の歴史をたどることができます。彼のきらめくブラン・ド・ブランは、焼きたてのパンの魅力的な香りとレモンとリンゴのフレーバーの層を持っています。

2018 Navarro Vineyards Gew&#xFCrztraminer Estate Bottled(Dry)($ 24)

テッドベネットとデボラカーンは1973年にアンダーソンバレーの土地を購入し、1975年に最初のGew&#xFCrztraminerブドウの木を植えました。彼らのドライバージョンは、古典的なライチとスパイスのノートでいっぱいです。

2012 Murgo Etna Brut($ 26)

Scammacca del Murgo家は、エトナ山の斜面にあるジャム用のブドウ、オリーブ、果物を栽培しており、活火山のこの強さからの繰り返しの噴火によってこれを行ってきました。彼らの特徴的なスパークリングワインは、オレンジとフローラルのハニーノートで、さわやかで明るいです。

2017 The Eyrie Vineyardsシャルドネ($ 27)&#x2029

ジェイソンレットの裏口からの眺めは、あなたが知る必要があるすべてを教えてくれます:ブドウの木の列、ウィラメットバレーの丘に登る。エリーはピノットで知られていますが、シャルドネも同様に印象的で、風味豊かで(青リンゴ、レモンバーム)、ピリッとした酸味で持ち上げられます。

2018 Domaine Delaporte Sancerre($ 34)

デラポルテ家は、17世紀以来、サンセール地域の中心部にあるシャヴィニヨルの近くで農業を営んでいます。今日、Matthieu&#x2028Delaporteは土地を有機農法で栽培し、赤いグレープフルーツの風味と刈りたての草のヒントを備えた、このたまらなくジューシーな瓶詰めを含むワインを製造しています。

2016 Le Clos Du Caillou Vieilles Vignes C&#xF4tes Du Rh&#xF4ne($ 28)&#x2029

Le Clos du Caillouは、古い狩猟場の石垣の中にあります。ここでは、シルヴィヴァシュロンが住み、印象的なワインの果実を育てています。その中には、この蒸し暑いラズベリーと白唐辛子の赤があります。

2017 Hirsch Vineyardsサンアンドレアスフォールトピノノワール($ 60)

デビッド・ヒルシュがソノマ郡の遠隔地にブドウ園を設立したとき、道路も電気もブドウの木もありませんでした。今日、それは間違いなくカリフォルニアで最も有名なピノのブドウ園です。

2017オクシデンタルフリーストーン-オクシデンタルピノノワール($ 65)&#x2029

同名のワイナリーを離れた後、スティーブ・キスラーは彼が住んでいる遠くのソノマコーストのブドウ園からの果物を使用して、このプロジェクトに専念しました。このピノは、摘みたての野生のラズベリーを噛むような味がします。

2015テヌータディヴァルジャーノロッソ($ 110)

トスカーナの町ルッカの上にあるこのバイオダイナミック農法の土地で、所有者のモレノペトリーニは40エーカーの有機ブドウ園に住んでいます。彼のフラッグシップワインはリッチでパワフルで、濃いダークフルーツとフローラルノートがあります(そして彼のより手頃な価格の&#x2028PalistortiRossoもほぼ同じくらい印象的です)。

2017 Domaine De La Noblaie Les Chiens-Chiens Rouge($ 20)

ワイルドチェリーとグリーンタバコのヒントが、この並外れたロワールカベルネフランを定義しています。歴史もそうです。家は1400年代頃に建てられ、ワインメーカーのJ&#xE9r&#xF4meビリヤードは今でもその時代のチョークバットをいくつかのcuv&#xE9esに使用しています。

2016ヘンドリーブロック7&amp 22ジンファンデル($ 36)

ナパバレーの長年の居住者であり、最近では珍しいことです。ヘンドリー家は1939年以来、マヤカマスの丘陵地帯に所有物を所有しており、現在もそこに住んでいます。ジンファンデルは彼らの強みであり、濃いコショウのようなベリーのフレーバーがこの丈夫な赤の特徴です。

2012 Remelluri Rioja Reserva($ 45)&#x2029

Remelluriは、1300年代にヒエロニムス僧によって設立されました。今日、それは兄と妹のテルモとアマイア・ロドルによって有機的に養殖されています。プロパティのエレガントなフラッグシップレッドのダークスウィートベリーフルーツは、強力なタンニンによって支えられています。

2018ハミルトンラッセルヴィンヤードピノノワール($ 53)&#x2029

ティムハミルトンラッセルは1975年に、南アフリカの涼しい気候のピノノワールにとって完璧な場所であると彼が感じた場所に落ち着きました。何年も彼が正しいことを証明した。今日、彼の息子のアンソニーは、この独特の赤、すべてのおいしいハーブと赤スグリのフレーバーを作ります。

ひゆワイン農園

ひゆは、ワイン造りへの新しい&#x2014またはおそらく非常に古い&#x2014アプローチを表しています。 2010年にオレゴン州のフッドリバーバレーでネイトレディとチャイナトレセマーによって設立されたHiyuWine Farmは、30エーカーの多文化農場で、庭園、牧草地、豚、牛、鶏、アヒル、そして107以上の異なるブドウ園があります。ブドウの品種。

&#x201CWe&#x2019dはヨーロッパにたくさん旅行しました、&#x201D Readyは思い出します、&#x201Candは動物を育て、食べ物を育て、ワインを作り、それらを消費するような場所に非常に興味を持っていました&#x2014all同じ場所で起こった。&#x201DHiyuワインは、さまざまな地域や歴史的なアイデアを表す傾向があります。たとえば、かすんでいる金色のコショウのような2018 Hypericum Spring Ephemeralは、15を超える南地中海の品種が植えられた半エーカーのブロックから来ています。 &#x201Cより高山の場所に地中海の品種を植えたらどうなるかを理解しようとしていました&#x2014ここの気候はどのようなものか&#x201Dレディは言います。レモンのようなハーブの2017Falcon Boxは、1870年代のフィロキセラの流行前にブルゴーニュのコルトンの丘で見つかった可能性のあるもの(シャルドネ、ピノグリ、アリゴ、メロンドブルゴーニュ、および他の植え込まれた品種)。ここでのワイン造りは、硫黄をほとんどまたはまったく使用せず、自然に傾いています。


すべてがどのように始まったかから始めましょう。

フランスワインの簡単な歴史

フランスのワイン造りは、ギリシャ人入植者が南ガリアに植民地化した後、紀元前6世紀に始まりました。しかし、300年代にすべての主要なワイン産地にブドウの木を植えたのはローマ人でした。

それ以来、フランスのワイン産業は繁栄し続けました-19世紀にカビとフィロキセラが広がり、ブドウ園全体を破壊して植え替える必要がありました。

その後のヨーロッパの景気後退と2つの世界大戦により、フランスのワイン産業は数十年にわたって不況に陥りました。

1935年、フランスの利益を保護するために、アペラシオンd&#x27originecontrôlée(AOC)が設立されました。このシステムは、農産物の品質を保護し、詐欺を防ぐために、地理的なワインの地域とその明確な特性(テロワール)を定義しました。

その後、1970年代以降の巨額の投資と新世代のフランスのワインメーカーの努力により、今日私たちが知っているように、現代のフランスのワイン産業が生まれました。

テロワールとアペラシオンという用語が何を意味するのか疑問に思ったことはありませんか?

テロワールとは?

ワイン産地が大まかにテロワールと呼ばれているのを聞いたことがあるかもしれません。しかし、テロワールは、ブドウが栽培される土壌、気候、標高などの環境要因を指す概念です。これらすべてのテロワールの要素が組み合わさって、ワインに独特の風味と香りを与えます。

アペラシオンシステムとは何ですか?

アペラシオンは、ブドウが栽培される法的に定義された地域です。フランスでは、アペラシオンドリジーンコントローレ(AOCシステム)が、各アペラシオンで使用できるブドウの品種、最小アルコールレベル、ブドウ園を植えることができる密度、および収穫量を厳しく規制していました。

2012年には、Appellation d&#x27OriginProtégée(AOP)に置き換えられ、現在は欧州連合全体がこれに続いています。

フランスワインのカテゴリー

フランスワインには4つのカテゴリーまたはクラスがあります。

1. アペラシオンd&#x27originecontrôlée(AOC)、以前に見たように、現在はAOPです。

2. アペレーションd&#x27OrigineVinDeQualitéSupérieure(AOVDQS):これは、階層内のAOCワインのすぐ下にあります。ブドウの品種、生産量、ワイン製造プロセスに関して、AOCと同様の規則と規制があります。

3. ヴァン・ド・ペイ:AOCアペラシオンルールに該当しないすべての「カントリーワイン」は、このカテゴリに分類されます。葡萄の種類と生産方法については寛大なルールしかありません。

4. ヴァン・ド・テーブル: 「テーブルワイン」は、このフランスワインの最も低いカテゴリーに分類されます。ブドウ園の管理やワイン造りを管理する規則はありません。ワインのラベルには、ブドウの品種、ヴィンテージ、またはアペラシオンは表示されません。

フランスの主要なブドウ品種

メルローはフランスで最も植えられているブドウ品種で、ブドウのつる面積の14%を占めています。

国で植えられているトップのブドウ品種は次のとおりです。

  • メルロー
  • ウグニブラン
  • グルナッシュ
  • シラー
  • カベルネ・ソーヴィニヨン
  • ピノ・ノワール
  • シャルドネ
  • ソーヴィニヨンブラン
  • カベルネ・フラン
  • カリニャン

フランスで生産されたワインスタイル

フランスワインは大きく分類できます

  • ピノ・ノワール、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ジンファンデルなどのブドウ品種の赤ワイン
  • プロヴァンスのロゼや甘いホワイトジンファンデルのようなロゼワイン
  • シャルドネ、リースリング、ソーヴィニヨンブラン、モスカトなどの白ワイン
  • シャンパンとヴヴレーのスパークリングワイン。

素晴らしいワインを選ぶことの複雑さを増すために、ある地域のフランスのワインラベルが他の地域とわずかに異なることがわかります。

フランスワインのラベリング慣行

ボルドーのワインラベルには、地所の名前と分類、アペラシオン、瓶詰め情報、ヴィンテージ、アルコール含有量、および量が含まれます。

アルザスのワインラベルには、アペラシオン、ブドウ園または区画、ブドウの品種、ヴィンテージ、生産者の詳細、亜硫酸塩の通知、アルコール含有量、および量が記載されています。

フランスの有名なワイン生産地域を見てみましょう。

フランスのトップワイン産地

ボルドーとブルゴーニュが最初に頭に浮かぶでしょう!ローヌ渓谷、ボジョレー、ラングドック・ルシヨン、ロワール渓谷など、さらに多くのワイン産地があります。

ボルドー

フランス南西部に位置するこの地域には、主に赤のカベルネソーヴィニヨン、メルロー、カベルネフランのワインを生産する60以上のワインの原産地があります。この地域は温暖な地中海性気候です。

有名な赤の他に、この地域ではソーヴィニヨンブラン、セミヨン、ミュスカデルで作られた白ボルドーも生産されています。

ブルゴーニュ

ブルゴーニュ(またはブルゴーニュ)は、ピノノワールの赤、白のシャルドネ、ボージョレガメイのワインの遺産を持つフランスのワイン産地です。

ブルゴーニュには、ブルゴーニュグランクリュ、プレミアクリュ、ヴィレッジワイン、リージョナルワインに分けられる100以上のアペラシオンがあります。

ブルゴーニュには、チョークのような地形のシャブリ、コート・ド・ニュイ、コート・シャロネーズ、マコネー、ボーヌ近郊のコート・ド・ボーヌなど、5つの主要なワイン産地があります。

ブルゴーニュのコート・ド・ニュイ地区に赤いブルゴーニュ・グラン・クリュのブドウ園があります。コルトングランクリュブルゴーニュワインエリアはブルゴーニュの南にあります。小さなジュラワインエリアはブルゴーニュの近くにあります。

シャンパン

これは、パリの東にある最北端のワイン産地です。きらめくブラン・ド・ブランとブラン・ド・ノワールで知られています。

ローヌバレー

ローヌバレーは、シャトーヌフデュパプとエルミタージュのアペラシオンからのシラーとグレナッシュシラームルヴェドル(GSM)ブレンドワイン、およびヴィオニエブドウから作られたコンドリューワインで有名です。

ローヌ川はローヌ渓谷またはコートデュローヌを流れ、ローヌ南部とローヌ北部に分かれています。

プロヴァンス

プロヴァンスは南東海岸のフランスワイン産地で、カベルネソーヴィニヨン、シラー、サンソー、ムールヴェードルの赤ワインで知られています。

アルザス

このワイン産地は、リースリング、ピノグリ、ゲヴュルツトラミネールのワインで知られています。この地域のワインは、Rosenhof Pinot Gris 2018のように、原産地ではなくブドウ品種にちなんで名付けられています。

ボジョレー

ボジョレーはブルゴーニュの南に位置し、フルーティーで活気に満ちた赤いボジョレーガメイワインで有名です。独特のボジョレーフレーバーは、ニゼランド川によって肥沃にされた土壌に由来しています。

コルシカ島

コルシカ島は地中海に浮かぶフランスの島で、ピノノワール、テンプラニーリョ、バルバロッサのブドウ園で人気があります。パトリモニオやアジャクシオなど、トスカーナの影響を受けた素晴らしいワインを見つけることができます。

ラングドックとルシヨン

ラングドック=ルシヨンは、プロヴァンス地方からピレネー山脈とスペイン国境まで広がる南フランスの歴史的な沿岸地域です。ラングドックのワインシリーズは、シラー、グルナッシュ、カリニャン、サンソー、ムールヴェードルのブレンドで構成されています。

ロワール渓谷

北西部のロワール渓谷のブドウ園では、ソーヴィニヨンブラン、ロワールヴーヴレ、ロワールプイイヒューム、シノン、マルサンヌ、ミュスカデなどのワインが生産されています。最も有名なロワール渓谷のアペラシオンは、石灰岩が豊富なソーヴィニヨンブランのブドウ園があり、ロワールプイイフュームのような辛口の白ワインを作るサンセールです。ロワールには人気のシュナンブランブーブレーもあります。

フランス南西部

サウスウェストまたはシュッドウエストは、マルベック、コロンバール、ウグニブラン、グロマンサンのブレンドを生産しています。

それでは、重要な質問に焦点を当てましょう。 どのフランスワインをワインコレクションに追加する必要がありますか?


あなたが本当の専門家になりたいなら飲むべき30のピノノワール

ブルゴーニュやカリフォルニアからオレゴン、イタリア、オーストラリア、ドイツまで、これらはあなたをファンからプロに変えるボトルです。

世界のトップソムリエ、またはワインの最も裕福なコレクターに、なぜ彼らがピノノワールに熱狂しているのかを尋ねると、本質的に同じ応答が得られます。それは、世界で最高のワインを生産するブドウです。

ピノノワールの聖地はフランスのブルゴーニュ地方です。世界で最も高価な赤ブルゴーニュワインのいくつかは、手入れの行き届いた手入れの行き届いたブドウの木の列からぶら下がっている貴重なベリーの小さくて繊細なクラスターとしてここから始まります。ジャンシス・ロビンソンMWが言うように、それは神聖な香りの、ゴージャスなフルーティーな場所の表現を生み出すことができるブドウです。

その可能性のアイデアをあなたに与えるために、世界で最も人気のあるワインの1つの現在のリリース&#x2014aレア グランクリュ C&#xF4te de Nuitsのレッドブルゴーニュは、ドメーヌドゥラロマン&#xE9e-コンティ(DRC)&#x2014でオベールドヴィレーヌが米国で約15,000ドルから20,000ドル以上で販売しています。 ボトルあたり.

しかし、心配しないでください。ピノノワールの専門家になるためにDRCのボトルを購入する必要はありません。あなたがする必要があるのはブドウを理解し、古典を味わうことです。

まず、それが気難しい品種を持っていることを知ってください。広く人気のあるカベルネ・ソーヴィニヨンのようなブドウは、暖かくても暑くてもほとんどどこでも育つことができますが、ピノ・ノワールは涼しい気候を要求します。世界中に植えられた最高のピノは、石灰岩が豊富な(石灰質の)粘土質の土壌に植えられたブドウから作られます。これは、水や栄養分を深く掘り下げるのに苦労しなければならず、本質的にブドウの風味を集中させます。ほとんどのワインメーカーは、彼らがしなければならないのはブドウの木から瓶へとそれを案内することであり、何も台無しにしないと言います。それらが成功した場合、結果は見事なライトからミディアムボディの赤であり、エレガントでパワフル、またはフィネス主導であり、素晴らしい若さを味わい、ボトルの中で10年以上にわたってゴージャスな複雑さを生み出します。

次に、これらの30ピノを集めて飲み、その原産地と各ボトルの裏話を考えます。良いピノは通常安くはないので、専門家になるためにもう少しポニーをする必要がありますが、それだけの価値はあります。ああ、そして、あなたが共有しようとしているDRCを持っているなら、Twitterで私をDMしてください。前もって感謝します。


カジュアルなワインを飲む人に最適なワイングラス:Spiegelau Vino Grande

この小さなグラス(会社は現在リーデルが所有していますが、かつては最大の競争相手でした!)は、薄い唇、渦巻くための優れたボウル、香りを集中させる能力で、はるかに高価なグラスよりも優れていました。赤と白のメガネは薄いですが、壊れることを心配することなく丈夫な感じがしました。彼らは食器洗い機に入り、一体となって出てきます。お金のために、これらの眼鏡はできる小さなエンジンです。彼らは、ネッビオーロからマルベック、シャルドネからグリューナーヴェルトリーナーまで、すべてのワインの試飲で3位または4位になりました。これはエレガントな日常のグラスであり、競合他社(Schott-Zwiesel、Stozle、Libbey、およびより高価なGabriel-Glas)を吹き飛ばします。白いガラスは見事ですが、ブルゴーニュのガラスに比べるとかなり小さいので注意します。それは素晴らしい働きをしますが、特にブルゴーニュのガラスの十分なサイズと比較して、それを開くと驚くかもしれません。


逆張り者:ゲヴュルツトラミネール、リースリング、ヴィオニエ

このトリオにはいくつかの共通点があります。ミディアムからフルボディで、香りのよいアロマが溢れています。時々彼らは甘さのタッチをもたらします。

スパイシーなアジア料理と組み合わせると、オフドライのリースリングやゲヴュルツと一緒に行くことができます。絶乾したリースリングは、よりリッチなロブスターマックやビスクとうまく合うはずです。ヴィオニエは、ほぼすべてに耐える素晴らしい重みを持っています。

アルザスのゲヴュルツで作った生姜のローストロブスターのような、よりエキゾチックな料理と組み合わせるための素晴らしい選択肢。レシピで使用されているのと同じワインを添えてください。おそらくここで最も完璧な組み合わせがあります。


ホワイトピーチとマンゴーサングリア

サングリアには今日多くのフレーバーがあり、どのレシピを選んだとしても、それが究極のワインパンチであることは間違いありません。この白桃とマンゴーのサングリアは、夏のパーティーに最適な、より軽くて明るいレシピです。このレシピでは、古典的な白ワインを選択してください。マンゴー風味のラム酒も楽しいひねりです。ピーチシュナップスはフルーティーな味わいをもたらし、ほんのり甘みを加え、明るい柑橘類と非常によく合います。


最高のワインツール

初心者からプロまで、適切なワインツールが最高の飲酒体験を生み出します。

投資としてのワイン

セラーワインへの主な動機がお金である場合は、いくつかの外部要因を正直に評価して、最高の利益を得るのに適切な立場にあるかどうかを確認する必要があります。たとえば、サンフランシスコ、シカゴ、ダラス、ニューヨークなどの大都市圏の外に住み、ワインに興味を持っている可能性のある都心部の小売店やレストランと長期的な関係を築きたい場合があります。投資としてのワインについてもっと知りたい場合は、以下をチェックしてください。

ワイン投資入門


それはよく老化しますか?

他より長持ちするワインを定義する4つの特徴があります。それらを学びます。

ヴィンテージや地域でセラーを建てる

地域やヴィンテージを購入する人の考え方は次のようなものです。

&#82202010はコート・デュ・ローヌで傑出したヴィンテージであり、シャトーヌフ・デュ・パプのワインはかなり熟成するはずだと聞いたことがあります。&#8221

このタイプのワインセラーは、何年にもわたって個人的に使用するためのものであり、伝統を愛する人々に最適です。これは、ワインが時間の経過とともにどのように熟成し、特定の地域の専門家になるかを探求するための優れた方法です。ワインへの情熱を中心に休暇を計画することもできます。始めるのに役立つ、以下にリストされているいくつかの基本的なガイドラインがあります。

古いワインの試飲

ワインに情熱を注ぐ人なら誰でも、古いワインの味を知っておく必要があります。古いワインの方が優れているわけではなく、ただ違うだけです。古いワインは、風変わりで時代遅れの品質を備えながらも、当時の共鳴するスタイルを備えたクラシックカーのように考えてください。しっかりと造られた古い車は、今日でも素晴らしいドライブをしています。古いワインの素晴らしさにもかかわらず、ワインセラーを始めるのは特に良い理由ではありません。古いワインを購入して味わう機会はすでに十分にあります。古いボトルのワインを購入したり、古いワインの試飲に参加したりするには、100〜300ドルかかる場合がありますが、これらの数字は、新しいワインを購入して10〜20年後に準備が整うのを待つよりも安価です。

年間10ドル未満で素晴らしい古いワインを見つけることが可能です。

懐かしい理由のためのセラーワイン

これがセラーワインの私たちのお気に入りの理由です。このタイプのセラーリングには先見性と創造性が必要であり、あなたの将来のために人生経験の別の次元を追加します-自分自身が楽しむことです!

たとえば、結婚記念日の次の10年間に楽しむために、一連の10本のワインを入手します。これには、結婚記念日の夜に飲むのにどのワインが完璧に熟成するかをある程度理解する必要があります。もう1つの例は、ワインコレクションを使用して旅行を延長することです。ついにコート・デュ・ローヌに行き、なんとかワインのケースを持ち帰ったとしましょう。あなたがそのワインのボトルを開けたり共有したりするたびに、それは物理的に(味と匂いを通して)その旅行体験を取り戻します。

ワイン学習アクセサリー

あなたのワインの知識に関係なく、私たちはあなたのワインの旅を改善するためのアクセサリーを持っています。


ドライマデイラ

このクッキングワインはドライス​​タイルとスウィートスタイルの両方で入手できるため、適切なものを選択するかどうかは、料理するものによって異なります。いずれにせよ、マデイラのパワフルなレイヤードフレーバーはどんな料理にも変身します。通常、違いを味わうのに必要なのはほんの少しのスプラッシュだけです。ドライマデイラの素朴でナッツのようなノートを考えると、それは一般的にキノコとペアになりますが、それはまた、ローストした根菜やバターナッツスカッシュスープの甘さを非常にうまく補完します。または、おいしいソースに入れて、ビーフウェリントンやフィレミニョンの上に小雨を降らせることもできます。

ホールフーズマーケットのマスターソムリエ兼グローバルビバレッジバイヤーであるデボンブログリーは、酒精強化ワインを必要とするレシピの信頼できるスタンバイとして、中程度の甘さのテイラーマデイラを指摘しています。


シャトーヌフデュパプワインについて知りたいことすべて(その他)

誰もが味わうに値するフランスワインがあるとすれば、それはおそらくシャトーヌフデュパプです。それはフランスワインへのゲートウェイドラッグのようなものです。

シャトーヌフデュパプとはどのような種類のワインですか?

シャトーヌフデュパプは、大胆なグルナッシュベースの赤のブレンドで知られるフランスワインの原産地です。公式には、この地域では最大13種類のブドウを使った赤ワインと白ワインの両方を製造しています。 (非公式には、この地域では20種類が使用されています!)。

この歴史的なワインの詳細を掘り下げて、シャトーヌフデュパプがローヌ南部で最も高級なアペラシオンである理由を調べてみましょう。

シャトーヌフデュパプの試飲

初心者からエキスパートへ

知識を広げるのに役立つツールとアクセサリー。

シャトーヌフデュパプの素晴らしいボトル ルージュ 濃厚なラズベリーとプラムフルーツのフレーバーで爆発します。進化するにつれて、ほこりを払った革、ゲーム、ハーブのノートを味わうことができます。親仏、そして実際のフランス人は、この地域のセージ、ローズマリー、ラベンダーの低木地にちなんで、このハーブ劇を「ガリーグ」と呼んでいます。

それだけでは不十分であるかのように、CdPルージュはしばしば、高アルコールから喉の奥で光る甘いイチゴのうずきで終わります。仕上げは、ヴィンテージに応じて、甘いものからおいしいものまでさまざまです。

シャトーヌフデュパペルージュを提供

サービング: ワインを約1時間デカントし、古いワインの場合はそれより短くします。室温以下で冷やして、約60〜65ºF / 16〜18ºCでアルコールの蒸発を遅くします。

エージング: 赤ワインは、生産者、ヴィンテージ、スタイルにもよりますが、通常10〜20年熟成します。白ワインは約10年まで熟成します。

フードペアリング: オリーブを添えたモロッコ風チキンタギン、ラムドルマ(トルコ産ラム詰めピーマン)、スモーキーカリフラワーステーキなど、ローストしてスパイスを効かせた野菜料理と一緒にこのワインをお試しください。

シャトーヌフデュパプヴィンテージチャート
  • 2011 並外れた、高収量のヴィンテージ。濃縮された、濃厚でフルーティーなワイン。
  • 2012 良い。平均収量と晩期の雨は、さらに苦いタンニンを引き起こしました。それでも、酸レベルの上昇は加齢能力を示唆しています。
  • 2013 わかった。シーズンを通して気温が低いため、収穫量が減少します。これらが古くなる高品質の生産者を探してください。
  • 2014 わかった。これはトリッキーなヴィンテージで、ブドウ園で多くの作業が必要でした。これらが老化するはずの高品質の生産者を探してください。
  • 2015 良い。これは大げさなフルーティーなヴィンテージでした。全体的にハーブと苦味の少ないタンニン。素晴らしい飲酒ワイン。
  • 2016 例外的。幸せなブドウ、良いワイン。
  • 2017 良い。 40年で最小のヴィンテージ(わずか960万本)。干ばつのために収穫が非常に困難です。
  • 2018 良い。雨が降り、涼しい年。
  • 2018 良い。今年は大きな太った寛大な年でした。白ワインは熟した果実味と低い酸味を期待してください。

ブランはどうですか?

シャトーヌフデュパプブランは、この地域のブドウ園の約7%のみが白ブドウであるため、見つけるのが困難です。それでも、多くの生産者が少量を製造していることがわかります。これは通常、この地域の白ブドウ、特にグルナッシュブラン、クレレット、ルーサンヌのブレンドです。

/>シャトーヌフデュパプは、アヴィニョンの隣のローヌ南部渓谷にあります。ワインフォリーによる地図

この場所はどこにある?

シャトーヌフデュパプは、プロヴァンスの国境近くのローヌ渓谷の底に位置しています。この名前は「教皇の新しい城」を意味し、ローマカトリック教会の本拠地がアヴィニョンにあった時代(1309年から1377年の間)を表しています。この地域には11&#8211にまでさかのぼるブドウ園の記録が書かれていますが、ワイン造りはそれよりも長く続いています。

シャトーヌフデュパプは、コートデュローヌワイン産地の19の公式クリュまたは「成長」の1つです。まだご存じない方もいらっしゃると思いますが、これらの19のクルスは、コートデュローヌのトップワイン生産地帯を表しています。

シャトーヌフデュパプは、ほとんどの場合、ローヌ南部のベンチマークと見なされています。

シャトーヌフデュパプワインの事実
  • シャトーヌフデュパプは、1936年に作成された最初のフランスワインの原産地でした。
  • シャトーヌフデュパプのビネロンシンジケートには320のワイン生産者がいます。
  • この地域には7,746エーカー(3134ヘクタール)のブドウ園があり、毎年平均1,400万本のボトルを生産しています。
  • ブドウ園の75%近くがグルナッシュ(別名ガルナチャ)に捧げられています。
  • ワイナリーのほぼ30%がEUによってオーガニック認証されています。
  • シャトーヌフデュパプは、シャトーヌフデュパプ、クルテゾン、オレンジ、ベダリッド、ソルグの5つのコミューンで構成されています(大きいものから小さいものの順に並べられています)。
そこに行く?

Vinadea MaisondesVinsdeChâteauneuf-du-Pape

シャトーヌフデュパプを訪れる機会があれば、この地域のほとんどのワインを見る最速の方法は、アペラシオンのワインショップ、ビナデアを経由することです。

誰でも楽しめるテイスティングショップではありませんが、多くの場合、テイスティングを利用できます。スタッフはこの地域について非常に精通しており、ワイナリーの立ち寄り計画を立てたり、ワインを家に返送したりするのに役立ちます。

知っておくべきシャトーヌフデュパプワイナリー

200種類以上のワインからお選びいただけますので、シャトーヌフデュパプから探索できる素晴らしいワインがたくさんあることは間違いありません。そうは言っても、ここに9つの一流の不動産とその物語のスナップショットがあります。

シャトーラネルテ

これはシャトーヌフデュパプにある古いワイナリーの1つで、1570年にまでさかのぼる記録があり、1736年にワイナリーが建てられました。ラネルテは岩の多い歴史がありますが、1986年にリチャード家に売却されて提携したことで状況が変わりました。ブルゴーニュの交渉デュオ、トニー・デビッドとレオン・フォイヤールと。

売却後、品質は大幅に向上し、エステートはブドウ園の所有権を拡大して、シャトーヌフデュパプで最大の550エーカー(222ヘクタール)の1つになりました。これは、1998年から有機栽培されています。

シャトーフォルティア

第一次世界大戦後、戦闘機のパイロットであるバロンルロイは、妻の家族のワイナリーがワインの出所の問題に苦しんでいるのを見つけるために戻ってきました。この問題は、シャトーヌフフォルティアだけでなく、シャトーヌフデュパプ地域全体を悩ませました。

そのため、1923年に、ルロイはフランスのワインアペラシオンシステムの提案に取り組み始めました。これは最終的に1936年に法制化されました。フランスのアペラシオンシステム(INAO)は、世界。

シャトー・ド・ボーカステル

この不動産はファミーユペリンが所有しており、1549年にさかのぼる歴史的な土地購入の記録があります。1980年、シャトードゥボーカステルはパソローバルズのタブラスクリークワイナリーと提携し、CdPブドウの伐採を米国に送りました。タブラスクリークはさらに保育園を設立し、ブドウの木を米国の他の地域と共有しました。

この地所の寛大さによって、今ではユニークなシャトーヌフデュパプのブドウ品種が世界中に広がっています。

DomaineduVieuxTélégraphe

ワインフィロキセラの流行の真っ只中で、1898年以来(ブルニエ家によって)家族が所有し続けることができたブドウ園の不動産。 Vieux Télégraphe is positioned on an elevated plateau called “Le Crau,” which is famous for its deposits of large rounded, river stones (aka “galets roulés”). To many, the vineyards on the La Crau plateau represent the top wines from Châteauneuf-du-Pape.

NS 群集 (wine blend) is typically 90% Grenache with a splash of Mourvèdre, that’s partially destemmed and aged in concrete tanks and large wooden foudres。 Wines are unfined and unfiltered and are known to age for 25 or more years.

Château Rayas

This is a single climat (vineyard area) of 32 acres (13 hectares) that was purchased by Albert Reynaud in 1880 and originally used as a polyculture farm of grapes, olives, and apricots. The vineyards barely survived the phylloxera epidemic and were slowly revitalized by Albert’s son, Louis. Then in 1920, Château Rayas released their first wine! Louis Reynaud was successful with wines and eventually purchased two other estates, Château des Tours in Vacqueyras (in 1935) and Château Fonsalette (in 1945). He passed the estate to his youngest son, Jacques.

Château Rayas has long been a darling of American wine critics, thanks to the work of the current owner, Emmanuel Reynaud (a nephew of Jacques). The flagship wine is usually 100% Grenache and grows on sandy clay soils with no galets roulés (rounded stones). It is made in a traditional fashion in concrete tanks and aged in old 60 hectoliter foudres (that’s 1585 gallons – the size of 3 large hot tubs!).

Ogier Clos de l’Oratoire des Papes

This internationally popular Châteauneuf-du-Pape estate is not to be confused with Clos de l’Oratoire, a Merlot-based wine from Saint-Emilion! The winery was purchased in 2000 by an old Châteauneuf-du-Pape negociant, Ogier, which is part of a larger wine group, Vignobles Jeanjean.

The new owners preserved the original 1926 label design and trusted their wine director, Didier Couturier, to improve the wine. These 62 acres (25 hectares) of vineyards include all three of Châteauneuf-du-Pape’s soil types including galets roulés (rounded stones over sandy-clay), safres (sandy soils), and eclats calcaires (limestone-based clays). Ogier converted to organic farming in 2006 and uses a horse-drawn plow.

Grapes for Clos de l’Oratoire des Papes are fully destemmed to increase lush flavors, and wines age in large, used oak barrels. The blend is typically about 80% Grenache (from sandy soils – so more aromatic) and blended with about 10% Syrah, 5% Mourvèdre, and 5% Cinsault.

Domaine du Pegau

The Féraud family has a long history in the region as farmers since 1670. The first property titles in Châteauneuf-du-Pape date back to 1733 and were said to be planted to cherries, olives, and grapes. Even though the family produced grapes for generations, Domaine du Pegau did not exist until 1987, when Laurence Féraud approached her father about making a winery.

The name “Pegau” comes from the antique terracotta jars that were once used to store wine in the region. In Châteauneuf-du-Pape, Domaine du Pegau has 52 acres (21 hectares) of vineyards. (Forty-eight acres of red grapes and three acres of white grapes).

The winery struggled and sold most of its early vintages to make ends meet. Then in 1992, Domaine du Pegau finally broke through after being ranked in the top three for quality in Châteauneuf-du-Pape.

The rouge is usually a blend of 80% Grenache, 6% Syrah, 4% Mourvèdre, with the remainder being a blend of the 13 regional grapes. Grapes are not destemmed and go into cement vats for a natural fermentation. Afterwards, wines are transferred into large, old oak barrels (perhaps 158 gallon / 600 liter demi-muids) where they age an additional two years.

M. Chapoutier

Marius Chapoutier was the original “M” of M. Chapoutier. Marius purchased a winery estate in Tain l’Hermitage in the Northern Rhône Valley (Syrah country!) in 1808. The holdings of the Chapoutier’s continued to grow and now have property all over the Rhône Valley.

Since Michel Chapoutier has taken over, estates have been converted to biodynamic winegrowing and they have eliminated fining and filtration.

There are seven Châteauneuf-du-Pape labels by M. Chapoutier, including a 100% Grenache Blanc. The most well-known are the two top rouge wines called “Barbe Rac” and a younger-vineyard wine, “Croix de Bois.” Both wines are 100% Grenache which are destemmed, fermented naturally, and held in vats for at least three weeks (this polymerizes tannins). Then, the wines are aged for over a year in oak barrels or concrete vats (respectively).

Clos Saint-Jean

This is a family owned and operated estate with 99 acres (40 hectares) planted in Châteauneuf-du-Pape and 49 acres on the exceptional La Crau Plateau, where the vineyards are covered with galets roulés (round river stones) over iron-rich red clay. This wine rose to fame with their label “Deus Ex Machina,” which garnered a 100 point score from Robert Parker in 2005.

Grapes are almost completely destemmed and fermented in concrete vats. Grenache is aged more anaerobically in concrete, whereas the Syrah and Mourvèdre are aged in barriques and demi-muids (larger 600 liter barrels). Wines are often lush with rich blackberry and blueberry notes.

Terroir of Châteauneuf-du-Pape

From an outsider’s perspective, Châteauneuf-du-Pape is nothing more than a plateau and a few low, undulating hills that that slink into the Rhône River. But to the expert, the region is a complex myriad of soils, subtle slopes, and micro-terroirs that define the appellation’s best wines.

  • Soils: There are three main soils found in Châteauneuf-du-Pape, including galets roulés (rounded stones over sandy, iron-rich red clay), safres (sand-dominant soils), and eclats calcaires (more chalky-colored, limestone rich clays). More robust wines with higher tannin tend to come from the clay-based soils. More aromatic and elegant wines tend to grow on the soils with a higher prevalence of sand.
  • 日光: Châteauneuf-du-Pape receives an average of 2,800 hours of sun per growing season, making it one of the sunniest of France. (This is as sunny as Los Angeles!).
  • La Crau Plateau: One notable feature in the region is the La Crau Plateau. This raised area is home to some of the region’s most famous Châteaux and it is marked by round stones over iron-rich red clays left during the Villafranchian Age (in between the Ice Age and Pliocene Epoch – around 1–3 million years ago).

Winemaking here has evolved over several centuries and today uses a combination of classical techniques paired with modern cleanliness. You’ll find there are some stylistic differences between producers, which is achieved through winemaking techniques.

Many vineyards in Châteauneuf-du-Pape are covered with stones (called “galets”) that were originally on the bottom of an ancient river. Photo by Jean-Louis Zimmerman.

Handling Grenache in the Winery

Traditionally, Grenache bunches aren’t destemmed (they go into the fermenter whole). Leaving stems adds some bitterness, but it also increases age-worthiness. You’ll find that some producers do partial or full destemming, especially on tough vintages, to make a softer, fruitier wine. (Be sure to look for this in winemaking notes!).

Winemaking: Oak vs. No Oak?

The region has long used concrete vats to ferment wines and you’ll also see a lot of stainless steel vats. These tools keep temperatures low as the fermentation heats up. A few producers opt for oak barrel fermenters, although this isn’t as common. Grenache is very sensitive to oxidation, so the use of oak fermenters is more-than-likely used for other varieties.

During elevage (“aging”) you’ll find that some producers use new oak, but this is often for varieties other than Grenache. Truthfully, Grenache is capable of producing a lovely rich wine without the need for new barrels. That being said, you can expect wines aged in new oak to have even more smoky-sweet, clove-like overtones and will often include bolder varieties like Syrah and Mourvèdre.

Nearly all red wines go through malolactic fermentation whereas, most white wines do not.

Click map for full-size version. Map created by Cyrille SUSS of www.cscarto.com

ワイン学習アクセサリー

あなたのワインの知識に関係なく、私たちはあなたのワインの旅を改善するためのアクセサリーを持っています。

出典:
  • Fédération des Syndicats de Producteurs de Châteauneuf-du-Pape - chateauneuf.com
  • Here are more production figures on CdP if you're looking!
  • World Atlas of Wine chapter on CdP
  • 2011 vintage full notes
  • 2012 vintage full notes
  • 2013 vintage full notes
  • 2014 vintage full notes
  • 2015 vintage full notes
  • 2016 vintage full notes
  • 2017 vintage full notes
  • 2018 vintage full notes
  • 2019 vintage full notes
  • Baron Le Roy - aka Pierre Le Roy de Boiseaumarié (1890-1967)

マデリーン・パケットについて

ジェームズビアード賞を受賞した作家であり、ワインコミュニケーターオブザイヤー。私は人々がワインについて学ぶのを助けるためにWineFollyを共同設立しました。 @WineFolly


Jack London Martini

The Martini is a classic cocktail made from vodka and vermouth. If you haven’t tried it yourself yet, you might at least heard about it as the favorite drink of movie character James Bond. The Jack London Martini is a variation of this famous drink that features additional sweet notes and more intense bitter notes. To prepare it, you have to replace the vermouth with Dubonnet Blanc and maraschino liqueur.

材料

  • 3 oz blackcurrant vodka
  • 1 oz Dubonnet Blanc
  • ½ oz maraschino liqueur
  • crushed ice
  • lemon zest for decoration

手順

The right glass for the Jack London Martini is a -of course- Martini glass. Make sure to chill it upfront. Here is how to prepare the cocktail:

  1. Fill half of a cocktail shaker with ice.
  2. Add the liquid ingredients and shake them well.
  3. Strain the drink into the glass.
  4. Decorate the glass with a twist of lemon zest.


コメント:

  1. Brataur

    どのように定義できますか?

  2. Talus

    素晴らしい記事です!ブログに投稿できますか?

  3. Tojadal

    これは単に優れた文です

  4. Nijind

    論理的ではない



メッセージを書く