ja.blackmilkmag.com
新しいレシピ

フェイバーランナー

フェイバーランナー


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


Favorはオースティンを拠点とする新興企業であり、絶大な人気を博しており、彼らはFavorRunnersの情熱的なチームを成長させようとしています。あなたが学年の間にいくつかの深刻なお金を稼ぎたいなら、これはあなたのチャンスです。

フェイバーランナーになることの利点:
-1時間あたり平均15ドル、多くの場合それ以上を稼ぐ
-自分の時間を選択してください–パートタイムとフルタイムの営業時間
-お支払いをアカウントに直接入金します
-オースティンで素晴らしい人々に会いましょう!

適用する方法:
1.Favorアプリをダウンロードします
2.プロファイルタブ内で適用します
3.まもなくご連絡いたします!

詳細と申し込み:http://favordelivery.com/apply/

ポストフェイバーランナーはスプーン大学で最初に登場しました。


食品/最高のレシピ

20年。そんなに昔のことではないようですが、集団のガレットに受け継がれてきた唐辛子、フォー、寿司、キャビアを振り返ると、それから今までの変化は大きいです。

The Chronicleが米国の新聞の中で最大のフードスタッフの1人を集め、独立したセクションを開発し、ベイエリアのフードシーンに集中するために意識的に努力したのは20年前のことです。 1986年5月21日以来、1,000以上のセクションと15,000以上のレシピを作成してきました。5人のスタッフから17人の部門に成長し、5番街とミッションストリートのメインクロニクルオフィスの裏にある自分の建物で働いています。ここには、2002年11月に始まった独立したワインセクションの鍵となるテストキッチン、屋上庭園、ワインセラーがあります。

過去を祝い、物事がどのように変化したかを示すために、過去20年間のそれぞれからトップレシピを選ぶことにしました。大変な作業でした。アリス・ウォータース、ジェレミア・タワー、ジョイス・ゴールドスタイン、ナルサイ・デイビッドなど、いくつかのトップ料理の著名人が私たちのページに書いています。

私たちが選んだレシピは、ベイエリア料理の精神と興奮を反映しています。ここでのレシピに加えて、SFGate.comで毎年「次点者」を公開しています。

私たちのレシピ編集者であり、最初から食品部門に所属しているFran Irwinは、すべての問題を振り返り、上位の候補者を引き出しました。私たちはそれらを削り落とし、テストキッチンで料理を始め、スタッフの反応を引き出しました。レシピを選ぶ際に、私たちは毎年の傾向を反映し、私たちのセクションを非常に多様なものにしている著者、スタイル、組み合わせの良い組み合わせを提供するように努めました。

これらのレシピを調理することは、家族のアルバムを開いたり、長い間忘れられていた思い出を思い出したりするなど、私たちの過去へのロードマップになりました。

たとえば、1986年にStolichnayaRazberiとAbsolutPepparが米国でデビューしました。当時は取るに足らないように見えたのは、実際にはベンチマークでした。私たちは、最も味のないスピリッツにも影響を及ぼし始めたフレーバー革命の最前線にいました。その年の私たちのレシピは、このより微妙な感性を反映していました。

1980年代後半、この国で最も有名なアジア料理の料理人の1人であるブルースコストは、食品セクションのコラムを執筆し、主流のはるか外からレシピを提供しました。この特別号について最近テストされたもののほとんどは、今日の基準に精通しており、慣れ親しんでいるように見えました。

スマトランのショートリブ(1988年のレシピ)はとても暑かったと思ったのを覚えています。今回は、フルフレーバーのように見えましたが、「スマトラのホットレシピ」という警告ラベルを付ける必要はありませんでした。

最大の啓示の1つは、1980年代半ばに支持されなくなった塩の使用、または不足でした。私たちは常にトレンドの最先端にあり、この点で確かに先導しています。多くのレシピでは、塩漬けはほとんどまたはまったく必要ありませんでした。

1989年に「塩を取り戻す」という話を書いたのを覚えています。シェフがこの重要な食材の使用を減らしていることを嘆き、塩が料理を強化して統合するために何をするのかを調べました。

ゆっくりと、塩は好意を取り戻すようになりました。さて、もちろん、塩は祝われており、トレーダージョーズだけで6種類を見つけることができます。フレンチランドリーのシェフ、トーマス・ケラーが、フォアグラのプレゼンテーションで9つの例を含むトレイを紹介します。そして料理人は、ボリビアの岩塩とハワイの海の塩の違いについて何時間も議論することができます。

何年にもわたって、サンドライトマトの上昇と下降、チリの強度の増加、ショートリブやオックステールなどの肉のローカットの上昇が見られました。これらすべての開発はレシピに反映されています。

1991年、現在ワシントンポストで食事評論家を務めるスタッフライターのトムシエツェマは、ハーブをデザートに取り入れ始めたシェフについての話を書きました。私たちはそれがどこに行ったのかを知っています-何よりも。このトレンドの最高のものを試してみたい場合は、オークランドのオリヴェートからのローズマリーポレンタパウンドケーキの1991年の受賞レシピを試してみてください。

1990年代後半、私たちは心地よいクリーミーな料理に夢中になり、今でも私たちのお気に入りの1つであるBostini CreamPieに反映されています。

それでも、多くの読者にとって快適なのは、お粥の更新版であるTacos de Carnitas(2001)またはTurkey Jook(2003)です。私たちのレシピはベイエリアの豊かな伝統を反映しています。特にアジア料理は非常に人気があります。1986年のタイチキンサラダ、1988年のスマトランレッドショートリブ、1990年のバーベキューベトナム五香粉コーニッシュゲームヘン、1999年のクラシックなベトナムシェイクビーフサラダです。


食品/最高のレシピ

20年。そんなに昔のことではないようですが、集団のガレットに受け継がれてきた唐辛子、フォー、寿司、キャビアを振り返ると、それから今までの変化は大きいです。

The Chronicleが米国の新聞の中で最大のフードスタッフの1人を集め、独立したセクションを開発し、ベイエリアのフードシーンに集中するために意識的に努力したのは20年前のことです。 1986年5月21日以来、1,000以上のセクションと15,000以上のレシピを作成してきました。5人のスタッフから17人の部門に成長し、5番街とミッションストリートのメインクロニクルオフィスの裏にある自分の建物で働いています。ここには、2002年11月に始まった独立したワインセクションの鍵となるテストキッチン、屋上庭園、ワインセラーがあります。

過去を祝い、物事がどのように変化したかを示すために、過去20年間のそれぞれからトップレシピを選ぶことにしました。大変な作業でした。アリス・ウォータース、ジェレミア・タワー、ジョイス・ゴールドスタイン、ナルサイ・デイビッドなど、いくつかのトップ料理の著名人が私たちのページに書いています。

私たちが選んだレシピは、ベイエリア料理の精神と興奮を反映しています。ここでのレシピに加えて、SFGate.comで毎年「次点者」を公開しています。

私たちのレシピ編集者であり、最初から食品部門に所属しているFran Irwinは、すべての問題を振り返り、上位の候補者を引き出しました。私たちはそれらを削り落とし、テストキッチンで料理を始め、スタッフの反応を引き出しました。レシピを選ぶ際に、私たちは毎年の傾向を反映し、私たちのセクションを非常に多様なものにしている著者、スタイル、組み合わせの良い組み合わせを提供するように努めました。

これらのレシピを調理することは、家族のアルバムを開いたり、長い間忘れられていた思い出を思い出したりするなど、私たちの過去へのロードマップになりました。

たとえば、1986年にStolichnayaRazberiとAbsolutPepparが米国でデビューしました。当時は取るに足らないように見えたのは、実際にはベンチマークでした。私たちは、最も味のないスピリッツにも影響を及ぼし始めたフレーバー革命の最前線にいました。その年の私たちのレシピは、このより微妙な感性を反映していました。

1980年代後半、この国で最も有名なアジア料理の料理人の1人であるブルースコストは、食品セクションのコラムを執筆し、主流のはるか外からレシピを提供しました。この特別号について最近テストされたもののほとんどは、今日の基準に精通しており、慣れ親しんでいるように見えました。

スマトランのショートリブ(1988年のレシピ)はとても暑かったと思ったのを覚えています。今回は、フルフレーバーのように見えましたが、「スマトラのホットレシピ」という警告ラベルを付ける必要はありませんでした。

最大の啓示の1つは、1980年代半ばに支持されなくなった塩の使用、または不足でした。私たちは常にトレンドの最先端にあり、この点で確かに先導しています。多くのレシピでは、塩漬けはほとんどまたはまったく必要ありませんでした。

1989年に「塩を取り戻す」という話を書いたのを覚えています。シェフがこの重要な食材の使用を減らしていることを嘆き、塩が料理を強化して統合するために何をするのかを調べました。

ゆっくりと、塩は好意を取り戻すようになりました。さて、もちろん、塩は祝われており、トレーダージョーズだけで6種類を見つけることができます。フレンチランドリーのシェフ、トーマス・ケラーが、フォアグラのプレゼンテーションで9つの例を含むトレイを紹介します。そして料理人は、ボリビアの岩塩とハワイの海の塩の違いについて何時間も議論することができます。

何年にもわたって、サンドライトマトの上昇と下降、チリの強度の増加、ショートリブやオックステールなどの肉のローカットの上昇が見られました。これらすべての開発はレシピに反映されています。

1991年、現在ワシントンポストで食事評論家を務めるスタッフライターのトムシエツェマは、ハーブをデザートに取り入れ始めたシェフについての話を書きました。私たちはそれがどこに行ったのかを知っています-何よりも。このトレンドの最高のものを試してみたい場合は、オークランドのオリヴェートからのローズマリーポレンタパウンドケーキの1991年の受賞レシピを試してみてください。

1990年代後半、私たちは心地よいクリーミーな料理に夢中になり、今でも私たちのお気に入りの1つであるBostini CreamPieに反映されています。

それでも、多くの読者にとって快適なのは、お粥の更新版であるTacos de Carnitas(2001)またはTurkey Jook(2003)です。私たちのレシピはベイエリアの豊かな伝統を反映しています。特にアジア料理は非常に人気があります。1986年のタイチキンサラダ、1988年のスマトランレッドショートリブ、1990年のバーベキューベトナム五香粉コーニッシュゲームヘン、1999年のクラシックなベトナムシェイクビーフサラダです。


食品/最高のレシピ

20年。そんなに昔のことではないようですが、集団のガレットに受け継がれてきた唐辛子、フォー、寿司、キャビアを振り返ると、それから今までの変化は大きいです。

The Chronicleが米国の新聞の中で最大のフードスタッフの1人を集め、独立したセクションを開発し、ベイエリアのフードシーンに集中するために意識的に努力したのは20年前のことです。 1986年5月21日以来、1,000以上のセクションと15,000以上のレシピを作成してきました。5人のスタッフから17人の部門に成長し、5番街とミッションストリートのメインクロニクルオフィスの裏にある自分の建物で働いています。ここには、2002年11月に始まった独立したワインセクションの鍵となるテストキッチン、屋上庭園、ワインセラーがあります。

過去を祝い、物事がどのように変化したかを示すために、過去20年間のそれぞれからトップレシピを選ぶことにしました。大変な作業でした。アリス・ウォータース、ジェレミア・タワー、ジョイス・ゴールドスタイン、ナルサイ・デイビッドなど、いくつかのトップ料理の著名人が私たちのページに書いています。

私たちが選んだレシピは、ベイエリア料理の精神と興奮を反映しています。ここでのレシピに加えて、SFGate.comで毎年「次点者」を公開しています。

私たちのレシピ編集者であり、最初から食品部門に所属しているFran Irwinは、すべての問題を振り返り、上位の候補者を引き出しました。私たちはそれらを削り落とし、テストキッチンで料理を始め、スタッフの反応を引き出しました。レシピを選ぶ際に、私たちは毎年の傾向を反映し、私たちのセクションを非常に多様なものにしている著者、スタイル、組み合わせの良い組み合わせを提供するように努めました。

これらのレシピを調理することは、家族のアルバムを開いたり、長い間忘れられていた思い出を思い出したりするなど、私たちの過去へのロードマップになりました。

たとえば、1986年にStolichnayaRazberiとAbsolutPepparが米国でデビューしました。当時は取るに足らないように見えたのは、実際にはベンチマークでした。私たちは、最も味のないスピリッツにも影響を及ぼし始めたフレーバー革命の最前線にいました。その年の私たちのレシピは、このより微妙な感性を反映していました。

1980年代後半、この国で最も有名なアジア料理の料理人の1人であるブルースコストは、食品セクションのコラムを執筆し、主流のはるか外からレシピを提供しました。この特別号について最近テストされたもののほとんどは、今日の基準に精通しており、慣れ親しんでいるように見えました。

スマトランのショートリブ(1988年のレシピ)はとても暑かったと思ったのを覚えています。今回は、フルフレーバーのように見えましたが、「スマトラのホットレシピ」という警告ラベルを付ける必要はありませんでした。

最大の啓示の1つは、1980年代半ばに支持されなくなった塩の使用、または不足でした。私たちは常にトレンドの最先端にあり、この点で確かに先導しています。多くのレシピでは、塩漬けはほとんどまたはまったく必要ありませんでした。

1989年に「塩を取り戻す」という話を書いたのを覚えています。シェフがこの重要な食材の使用を減らしていることを嘆き、塩が料理を強化して統合するために何をするのかを調べました。

ゆっくりと、塩は好意を取り戻すようになりました。さて、もちろん、塩は祝われており、トレーダージョーズだけで6種類を見つけることができます。フレンチランドリーのシェフ、トーマス・ケラーが、フォアグラのプレゼンテーションで9つの例を含むトレイを紹介します。そして料理人は、ボリビアの岩塩とハワイの海の塩の違いについて何時間も議論することができます。

何年にもわたって、サンドライトマトの上昇と下降、チリの強度の増加、ショートリブやオックステールなどの肉のローカットの上昇が見られました。これらすべての開発はレシピに反映されています。

1991年、現在ワシントンポストで食事評論家を務めるスタッフライターのトムシエツェマは、ハーブをデザートに取り入れ始めたシェフについての話を書きました。私たちはそれがどこに行ったのかを知っています-何よりも。このトレンドの最高のものを試してみたい場合は、オークランドのオリヴェートからのローズマリーポレンタパウンドケーキの1991年の受賞レシピを試してみてください。

1990年代後半、私たちは心地よいクリーミーな料理に夢中になり、今でも私たちのお気に入りの1つであるBostini CreamPieに反映されています。

それでも、多くの読者にとって快適なのは、お粥の更新版であるTacos de Carnitas(2001)またはTurkey Jook(2003)です。私たちのレシピはベイエリアの豊かな伝統を反映しています。特にアジア料理は非常に人気があります。1986年のタイチキンサラダ、1988年のスマトランレッドショートリブ、1990年のバーベキューベトナム五香粉コーニッシュゲームヘン、1999年のクラシックなベトナムシェイクビーフサラダです。


食品/最高のレシピ

20年。そんなに昔のことではないようですが、集団のガレットに受け継がれてきた唐辛子、フォー、寿司、キャビアを振り返ると、それから今までの変化は大きいです。

The Chronicleが米国の新聞の中で最大のフードスタッフの1人を集め、独立したセクションを開発し、ベイエリアのフードシーンに集中するために意識的に努力したのは20年前のことです。 1986年5月21日以来、1,000以上のセクションと15,000以上のレシピを作成してきました。5人のスタッフから17人の部門に成長し、5番街とミッションストリートのメインクロニクルオフィスの裏にある自分の建物で働いています。ここには、2002年11月に始まった独立したワインセクションの鍵となるテストキッチン、屋上庭園、ワインセラーがあります。

過去を祝い、物事がどのように変化したかを示すために、過去20年間のそれぞれからトップレシピを選ぶことにしました。大変な作業でした。アリス・ウォータース、ジェレミア・タワー、ジョイス・ゴールドスタイン、ナルサイ・デイビッドなど、いくつかのトップ料理の著名人が私たちのページに書いています。

私たちが選んだレシピは、ベイエリア料理の精神と興奮を反映しています。ここでのレシピに加えて、SFGate.comで毎年「次点者」を公開しています。

私たちのレシピ編集者であり、最初から食品部門に所属しているFran Irwinは、すべての問題を振り返り、上位の候補者を引き出しました。私たちはそれらを削り落とし、テストキッチンで料理を始め、スタッフの反応を引き出しました。レシピを選ぶ際に、私たちは毎年の傾向を反映し、私たちのセクションを非常に多様なものにしている著者、スタイル、組み合わせの良い組み合わせを提供するように努めました。

これらのレシピを調理することは、家族のアルバムを開いたり、長い間忘れられていた思い出を思い出したりするなど、私たちの過去へのロードマップになりました。

たとえば、1986年にStolichnayaRazberiとAbsolutPepparが米国でデビューしました。当時は取るに足らないように見えたのは、実際にはベンチマークでした。私たちは、最も味のないスピリッツにも影響を及ぼし始めたフレーバー革命の最前線にいました。その年の私たちのレシピは、このより微妙な感性を反映していました。

1980年代後半、この国で最も有名なアジア料理の料理人の1人であるブルースコストは、食品セクションのコラムを執筆し、主流のはるか外からレシピを提供しました。この特別号について最近テストされたもののほとんどは、今日の基準に精通しており、慣れ親しんでいるように見えました。

スマトランのショートリブ(1988年のレシピ)はとても暑かったと思ったのを覚えています。今回は、フルフレーバーのように見えましたが、「スマトラのホットレシピ」という警告ラベルを付ける必要はありませんでした。

最大の啓示の1つは、1980年代半ばに支持されなくなった塩の使用、または不足でした。私たちは常にトレンドの最先端にあり、この点で確かに先導しています。多くのレシピでは、塩漬けはほとんどまたはまったく必要ありませんでした。

1989年に「塩を取り戻す」という話を書いたのを覚えています。シェフがこの重要な食材の使用を減らしていることを嘆き、塩が料理を強化して統合するために何をするのかを調べました。

ゆっくりと、塩は好意を取り戻すようになりました。さて、もちろん、塩は祝われており、トレーダージョーズだけで6種類を見つけることができます。フレンチランドリーのシェフ、トーマス・ケラーが、フォアグラのプレゼンテーションで9つの例を含むトレイを紹介します。そして料理人は、ボリビアの岩塩とハワイの海の塩の違いについて何時間も議論することができます。

何年にもわたって、サンドライトマトの上昇と下降、チリの強度の増加、ショートリブやオックステールなどの肉のローカットの上昇が見られました。これらすべての開発はレシピに反映されています。

1991年、現在ワシントンポストで食事評論家を務めるスタッフライターのトムシエツェマは、ハーブをデザートに取り入れ始めたシェフについての話を書きました。私たちはそれがどこに行ったのかを知っています-何よりも。このトレンドの最高のものを試してみたい場合は、オークランドのオリヴェートからのローズマリーポレンタパウンドケーキの1991年の受賞レシピを試してみてください。

1990年代後半、私たちは心地よいクリーミーな料理に夢中になり、今でも私たちのお気に入りの1つであるBostini CreamPieに反映されています。

それでも、多くの読者にとって快適なのは、お粥の更新版であるTacos de Carnitas(2001)またはTurkey Jook(2003)です。私たちのレシピはベイエリアの豊かな伝統を反映しています。特にアジア料理は非常に人気があります。1986年のタイチキンサラダ、1988年のスマトランレッドショートリブ、1990年のバーベキューベトナム五香粉コーニッシュゲームヘン、1999年のクラシックなベトナムシェイクビーフサラダです。


食品/最高のレシピ

20年。そんなに昔のことではないようですが、集団のガレットに受け継がれてきた唐辛子、フォー、寿司、キャビアを振り返ると、それから今までの変化は大きいです。

The Chronicleが米国の新聞の中で最大のフードスタッフの1人を集め、独立したセクションを開発し、ベイエリアのフードシーンに集中するために意識的に努力したのは20年前のことです。 1986年5月21日以来、1,000以上のセクションと15,000以上のレシピを作成してきました。5人のスタッフから17人の部門に成長し、5番街とミッションストリートのメインクロニクルオフィスの裏にある自分の建物で働いています。ここには、2002年11月に始まった独立したワインセクションの鍵となるテストキッチン、屋上庭園、ワインセラーがあります。

過去を祝い、物事がどのように変化したかを示すために、過去20年間のそれぞれからトップレシピを選ぶことにしました。大変な作業でした。アリス・ウォータース、ジェレミア・タワー、ジョイス・ゴールドスタイン、ナルサイ・デイビッドなど、いくつかのトップ料理の著名人が私たちのページに書いています。

私たちが選んだレシピは、ベイエリア料理の精神と興奮を反映しています。ここでのレシピに加えて、SFGate.comで毎年「次点者」を公開しています。

私たちのレシピ編集者であり、最初から食品部門に所属しているFran Irwinは、すべての問題を振り返り、上位の候補者を引き出しました。私たちはそれらを削り落とし、テストキッチンで料理を始め、スタッフの反応を引き出しました。レシピを選ぶ際に、私たちは毎年の傾向を反映し、私たちのセクションを非常に多様なものにしている著者、スタイル、組み合わせの良い組み合わせを提供するように努めました。

これらのレシピを調理することは、家族のアルバムを開いたり、長い間忘れられていた思い出を思い出したりするなど、私たちの過去へのロードマップになりました。

たとえば、1986年にStolichnayaRazberiとAbsolutPepparが米国でデビューしました。当時は取るに足らないように見えたのは、実際にはベンチマークでした。私たちは、最も味のないスピリッツにも影響を及ぼし始めたフレーバー革命の最前線にいました。その年の私たちのレシピは、このより微妙な感性を反映していました。

1980年代後半、この国で最も有名なアジア料理の料理人の1人であるブルースコストは、食品セクションのコラムを執筆し、主流のはるか外からレシピを提供しました。この特別号について最近テストされたもののほとんどは、今日の基準に精通しており、慣れ親しんでいるように見えました。

スマトランのショートリブ(1988年のレシピ)はとても暑かったと思ったのを覚えています。今回は、フルフレーバーのように見えましたが、「スマトラのホットレシピ」という警告ラベルを付ける必要はありませんでした。

最大の啓示の1つは、1980年代半ばに支持されなくなった塩の使用、または不足でした。私たちは常にトレンドの最先端にあり、この点で確かに先導しています。多くのレシピでは、塩漬けはほとんどまたはまったく必要ありませんでした。

1989年に「塩を取り戻す」という話を書いたのを覚えています。シェフがこの重要な食材の使用を減らしていることを嘆き、塩が料理を強化して統合するために何をするのかを調べました。

ゆっくりと、塩は好意を取り戻すようになりました。さて、もちろん、塩は祝われており、トレーダージョーズだけで6種類を見つけることができます。フレンチランドリーのシェフ、トーマス・ケラーが、フォアグラのプレゼンテーションで9つの例を含むトレイを紹介します。そして料理人は、ボリビアの岩塩とハワイの海の塩の違いについて何時間も議論することができます。

何年にもわたって、サンドライトマトの上昇と下降、チリの強度の増加、ショートリブやオックステールなどの肉のローカットの上昇が見られました。これらすべての開発はレシピに反映されています。

1991年、現在ワシントンポストで食事評論家を務めるスタッフライターのトムシエツェマは、ハーブをデザートに取り入れ始めたシェフについての話を書きました。私たちはそれがどこに行ったのかを知っています-何よりも。このトレンドの最高のものを試してみたい場合は、オークランドのオリヴェートからのローズマリーポレンタパウンドケーキの1991年の受賞レシピを試してみてください。

1990年代後半、私たちは心地よいクリーミーな料理に夢中になり、今でも私たちのお気に入りの1つであるBostini CreamPieに反映されています。

それでも、多くの読者にとって快適なのは、お粥の更新版であるTacos de Carnitas(2001)またはTurkey Jook(2003)です。私たちのレシピはベイエリアの豊かな伝統を反映しています。特にアジア料理は非常に人気があります。1986年のタイチキンサラダ、1988年のスマトランレッドショートリブ、1990年のバーベキューベトナム五香粉コーニッシュゲームヘン、1999年のクラシックなベトナムシェイクビーフサラダです。


食品/最高のレシピ

20年。そんなに昔のことではないようですが、集団のガレットに受け継がれてきた唐辛子、フォー、寿司、キャビアを振り返ると、それから今までの変化は大きいです。

The Chronicleが米国の新聞の中で最大のフードスタッフの1人を集め、独立したセクションを開発し、ベイエリアのフードシーンに集中するために意識的に努力したのは20年前のことです。 1986年5月21日以来、1,000以上のセクションと15,000以上のレシピを作成してきました。5人のスタッフから17人の部門に成長し、5番街とミッションストリートのメインクロニクルオフィスの裏にある自分の建物で働いています。ここには、2002年11月に始まった独立したワインセクションの鍵となるテストキッチン、屋上庭園、ワインセラーがあります。

過去を祝い、物事がどのように変化したかを示すために、過去20年間のそれぞれからトップレシピを選ぶことにしました。大変な作業でした。アリス・ウォータース、ジェレミア・タワー、ジョイス・ゴールドスタイン、ナルサイ・デイビッドなど、いくつかのトップ料理の著名人が私たちのページに書いています。

私たちが選んだレシピは、ベイエリア料理の精神と興奮を反映しています。ここでのレシピに加えて、SFGate.comで毎年「次点者」を公開しています。

私たちのレシピ編集者であり、最初から食品部門に所属しているFran Irwinは、すべての問題を振り返り、上位の候補者を引き出しました。私たちはそれらを削り落とし、テストキッチンで料理を始め、スタッフの反応を引き出しました。レシピを選ぶ際に、私たちは毎年の傾向を反映し、私たちのセクションを非常に多様なものにしている著者、スタイル、組み合わせの良い組み合わせを提供するように努めました。

これらのレシピを調理することは、家族のアルバムを開いたり、長い間忘れられていた思い出を思い出したりするなど、私たちの過去へのロードマップになりました。

たとえば、1986年にStolichnayaRazberiとAbsolutPepparが米国でデビューしました。当時は取るに足らないように見えたのは、実際にはベンチマークでした。私たちは、最も味のないスピリッツにも影響を及ぼし始めたフレーバー革命の最前線にいました。その年の私たちのレシピは、このより微妙な感性を反映していました。

1980年代後半、この国で最も有名なアジア料理の料理人の1人であるブルースコストは、食品セクションのコラムを執筆し、主流のはるか外からレシピを提供しました。この特別号について最近テストされたもののほとんどは、今日の基準に精通しており、慣れ親しんでいるように見えました。

スマトランのショートリブ(1988年のレシピ)はとても暑かったと思ったのを覚えています。今回は、フルフレーバーのように見えましたが、「スマトラのホットレシピ」という警告ラベルを付ける必要はありませんでした。

最大の啓示の1つは、1980年代半ばに支持されなくなった塩の使用、または不足でした。私たちは常にトレンドの最先端にあり、この点で確かに先導しています。多くのレシピでは、塩漬けはほとんどまたはまったく必要ありませんでした。

1989年に「塩を取り戻す」という話を書いたのを覚えています。シェフがこの重要な食材の使用を減らしていることを嘆き、塩が料理を強化して統合するために何をするのかを調べました。

ゆっくりと、塩は好意を取り戻すようになりました。さて、もちろん、塩は祝われており、トレーダージョーズだけで6種類を見つけることができます。フレンチランドリーのシェフ、トーマス・ケラーが、フォアグラのプレゼンテーションで9つの例を含むトレイを紹介します。そして料理人は、ボリビアの岩塩とハワイの海の塩の違いについて何時間も議論することができます。

何年にもわたって、サンドライトマトの上昇と下降、チリの強度の増加、ショートリブやオックステールなどの肉のローカットの上昇が見られました。これらすべての開発はレシピに反映されています。

1991年、現在ワシントンポストで食事評論家を務めるスタッフライターのトムシエツェマは、ハーブをデザートに取り入れ始めたシェフについての話を書きました。私たちはそれがどこに行ったのかを知っています-何よりも。このトレンドの最高のものを試してみたい場合は、オークランドのオリヴェートからのローズマリーポレンタパウンドケーキの1991年の受賞レシピを試してみてください。

1990年代後半、私たちは心地よいクリーミーな料理に夢中になり、今でも私たちのお気に入りの1つであるBostini CreamPieに反映されています。

それでも、多くの読者にとって快適なのは、お粥の更新版であるTacos de Carnitas(2001)またはTurkey Jook(2003)です。私たちのレシピはベイエリアの豊かな伝統を反映しています。特にアジア料理は非常に人気があります。1986年のタイチキンサラダ、1988年のスマトランレッドショートリブ、1990年のバーベキューベトナム五香粉コーニッシュゲームヘン、1999年のクラシックなベトナムシェイクビーフサラダです。


食品/最高のレシピ

20年。そんなに昔のことではないようですが、集団のガレットに受け継がれてきた唐辛子、フォー、寿司、キャビアを振り返ると、それから今までの変化は大きいです。

The Chronicleが米国の新聞の中で最大のフードスタッフの1人を集め、独立したセクションを開発し、ベイエリアのフードシーンに集中するために意識的に努力したのは20年前のことです。 1986年5月21日以来、1,000以上のセクションと15,000以上のレシピを作成してきました。5人のスタッフから17人の部門に成長し、5番街とミッションストリートのメインクロニクルオフィスの裏にある自分の建物で働いています。ここには、2002年11月に始まった独立したワインセクションの鍵となるテストキッチン、屋上庭園、ワインセラーがあります。

過去を祝い、物事がどのように変化したかを示すために、過去20年間のそれぞれからトップレシピを選ぶことにしました。大変な作業でした。アリス・ウォータース、ジェレミア・タワー、ジョイス・ゴールドスタイン、ナルサイ・デイビッドなど、いくつかのトップ料理の著名人が私たちのページに書いています。

私たちが選んだレシピは、ベイエリア料理の精神と興奮を反映しています。ここでのレシピに加えて、SFGate.comで毎年「次点者」を公開しています。

私たちのレシピ編集者であり、最初から食品部門に所属しているFran Irwinは、すべての問題を振り返り、上位の候補者を引き出しました。私たちはそれらを削り落とし、テストキッチンで料理を始め、スタッフの反応を引き出しました。レシピを選ぶ際に、私たちは毎年の傾向を反映し、私たちのセクションを非常に多様なものにしている著者、スタイル、組み合わせの良い組み合わせを提供するように努めました。

これらのレシピを調理することは、家族のアルバムを開いたり、長い間忘れられていた思い出を思い出したりするなど、私たちの過去へのロードマップになりました。

たとえば、1986年にStolichnayaRazberiとAbsolutPepparが米国でデビューしました。当時は取るに足らないように見えたのは、実際にはベンチマークでした。私たちは、最も味のないスピリッツにも影響を及ぼし始めたフレーバー革命の最前線にいました。その年の私たちのレシピは、このより微妙な感性を反映していました。

1980年代後半、この国で最も有名なアジア料理の料理人の1人であるブルースコストは、食品セクションのコラムを執筆し、主流のはるか外からレシピを提供しました。この特別号について最近テストされたもののほとんどは、今日の基準に精通しており、慣れ親しんでいるように見えました。

スマトランのショートリブ(1988年のレシピ)はとても暑かったと思ったのを覚えています。今回は、フルフレーバーのように見えましたが、「スマトラのホットレシピ」という警告ラベルを付ける必要はありませんでした。

One of the biggest revelations was in our use -- or lack -- of salt, which fell out of favor in the mid-1980s, We've always been on the cutting edge of trends, and we certainly lead the way in this regard many recipes called for very little or no salting.

I remember writing a story in 1989 called "Bring back the salt," lamenting chefs' waning use of this crucial ingredient and examining what salt does to enhance and integrate a dish.

Slowly, salt found its way back into favor. Now, of course, salt has been celebrated and you can find six different kinds at Trader Joe's alone. French Laundry chef Thomas Keller presents a tray with nine examples with his foie gras presentations. And cooks can debate for hours the differences between Bolivian rock salt and Hawaiian sea salt.

Through the years we've seen the rise and fall of sun-dried tomatoes, the increasing intensity of chiles and the rise of lower cuts of meats such as short ribs and oxtail. All these developments are reflected in the recipes.

In 1991, staff writer Tom Sietsema, now dining critic at the Washington Post, wrote a story about chefs who were beginning to incorporate herbs into dessert. We know where that has gone -- over the top. If you want to sample the best of this trend, try our 1991 winning recipe for a Rosemary Polenta Pound Cake from Oliveto in Oakland.

In the late 1990s, we were into comforting, creamy foods, reflected in the Bostini Cream Pie, which is still one of our favorites.

Yet comfort to many readers could easily be Tacos de Carnitas (2001) or Turkey Jook (2003), an updated version of rice porridge. Our recipes reflect the rich traditions in the Bay Area. Asian cooking, in particular, is extremely popular: Thai Chicken Salad from 1986, Sumatran Red Short Ribs from 1988, Barbecued Vietnamese Five-Spice Cornish Game Hens from 1990 and a classic Vietnamese Shaking Beef Salad from 1999.


FOOD / THE BEST RECIPES

Twenty years. It doesn't seem like that long ago, yet when I take a look back through the chili, pho, sushi and caviar that have passed down our collective gullets, the changes from then to now are significant.

It was 20 years ago when The Chronicle gathered one of the largest food staffs of any newspaper in the United States, developed a free-standing section and made a conscious effort to focus on the Bay Area food scene. We've produced more than 1,000 sections and more than 15,000 recipes since May 21, 1986. We've grown from a staff of five to a department of 17 working out of our own building behind the main Chronicle offices at Fifth and Mission streets. Here we have a test kitchen, rooftop garden and wine cellar, key to our free-standing Wine section, which began in November 2002.

To celebrate the past and to show how things have changed, we decided to pick the top recipe from each of the last 20 years. It was a difficult task. Some top culinary luminaries have written for our pages, including Alice Waters, Jeremiah Tower, Joyce Goldstein and Narsai David, to name just a few.

The recipes we chose reflect the spirit and excitement of Bay Area cooking. In addition to the recipes here, we've also published the "runners up" for each year on SFGate.com.

Fran Irwin, who is our recipe editor and has been with the Food section since the beginning, went back through every issue to pull out the top contenders. We whittled them down, started cooking in our test kitchen and elicited staff reaction. In choosing the recipes, we've tried to reflect the trends of each year and offer a good mix of authors, styles and combinations that have made our section so diverse.

Cooking these recipes became a roadmap into our past, like opening up a family album and reliving some long forgotten memories.

In 1986, for example, Stolichnaya Razberi and Absolut Peppar made their debut in the United States. What seemed insignificant at the time was actually a benchmark. We were at the cusp of a flavor revolution that began to affect even the most tasteless of spirits. Our recipes of that year reflected this more subtle sensibility.

In the late 1980s, Bruce Cost, one of the country's best-known Asian-cuisine cooks, wrote a column for the Food section and provided recipes from far outside the mainstream. Tested recently for this special issue, most of them seemed familiar and tamely seasoned by today's standards.

I can remember thinking the Sumatran short ribs (our 1988 recipe) were fiery hot. This time around, they seemed full-flavored, but they didn't warrant the warning label we had given them: "hot recipes from Sumatra."

One of the biggest revelations was in our use -- or lack -- of salt, which fell out of favor in the mid-1980s, We've always been on the cutting edge of trends, and we certainly lead the way in this regard many recipes called for very little or no salting.

I remember writing a story in 1989 called "Bring back the salt," lamenting chefs' waning use of this crucial ingredient and examining what salt does to enhance and integrate a dish.

Slowly, salt found its way back into favor. Now, of course, salt has been celebrated and you can find six different kinds at Trader Joe's alone. French Laundry chef Thomas Keller presents a tray with nine examples with his foie gras presentations. And cooks can debate for hours the differences between Bolivian rock salt and Hawaiian sea salt.

Through the years we've seen the rise and fall of sun-dried tomatoes, the increasing intensity of chiles and the rise of lower cuts of meats such as short ribs and oxtail. All these developments are reflected in the recipes.

In 1991, staff writer Tom Sietsema, now dining critic at the Washington Post, wrote a story about chefs who were beginning to incorporate herbs into dessert. We know where that has gone -- over the top. If you want to sample the best of this trend, try our 1991 winning recipe for a Rosemary Polenta Pound Cake from Oliveto in Oakland.

In the late 1990s, we were into comforting, creamy foods, reflected in the Bostini Cream Pie, which is still one of our favorites.

Yet comfort to many readers could easily be Tacos de Carnitas (2001) or Turkey Jook (2003), an updated version of rice porridge. Our recipes reflect the rich traditions in the Bay Area. Asian cooking, in particular, is extremely popular: Thai Chicken Salad from 1986, Sumatran Red Short Ribs from 1988, Barbecued Vietnamese Five-Spice Cornish Game Hens from 1990 and a classic Vietnamese Shaking Beef Salad from 1999.


FOOD / THE BEST RECIPES

Twenty years. It doesn't seem like that long ago, yet when I take a look back through the chili, pho, sushi and caviar that have passed down our collective gullets, the changes from then to now are significant.

It was 20 years ago when The Chronicle gathered one of the largest food staffs of any newspaper in the United States, developed a free-standing section and made a conscious effort to focus on the Bay Area food scene. We've produced more than 1,000 sections and more than 15,000 recipes since May 21, 1986. We've grown from a staff of five to a department of 17 working out of our own building behind the main Chronicle offices at Fifth and Mission streets. Here we have a test kitchen, rooftop garden and wine cellar, key to our free-standing Wine section, which began in November 2002.

To celebrate the past and to show how things have changed, we decided to pick the top recipe from each of the last 20 years. It was a difficult task. Some top culinary luminaries have written for our pages, including Alice Waters, Jeremiah Tower, Joyce Goldstein and Narsai David, to name just a few.

The recipes we chose reflect the spirit and excitement of Bay Area cooking. In addition to the recipes here, we've also published the "runners up" for each year on SFGate.com.

Fran Irwin, who is our recipe editor and has been with the Food section since the beginning, went back through every issue to pull out the top contenders. We whittled them down, started cooking in our test kitchen and elicited staff reaction. In choosing the recipes, we've tried to reflect the trends of each year and offer a good mix of authors, styles and combinations that have made our section so diverse.

Cooking these recipes became a roadmap into our past, like opening up a family album and reliving some long forgotten memories.

In 1986, for example, Stolichnaya Razberi and Absolut Peppar made their debut in the United States. What seemed insignificant at the time was actually a benchmark. We were at the cusp of a flavor revolution that began to affect even the most tasteless of spirits. Our recipes of that year reflected this more subtle sensibility.

In the late 1980s, Bruce Cost, one of the country's best-known Asian-cuisine cooks, wrote a column for the Food section and provided recipes from far outside the mainstream. Tested recently for this special issue, most of them seemed familiar and tamely seasoned by today's standards.

I can remember thinking the Sumatran short ribs (our 1988 recipe) were fiery hot. This time around, they seemed full-flavored, but they didn't warrant the warning label we had given them: "hot recipes from Sumatra."

One of the biggest revelations was in our use -- or lack -- of salt, which fell out of favor in the mid-1980s, We've always been on the cutting edge of trends, and we certainly lead the way in this regard many recipes called for very little or no salting.

I remember writing a story in 1989 called "Bring back the salt," lamenting chefs' waning use of this crucial ingredient and examining what salt does to enhance and integrate a dish.

Slowly, salt found its way back into favor. Now, of course, salt has been celebrated and you can find six different kinds at Trader Joe's alone. French Laundry chef Thomas Keller presents a tray with nine examples with his foie gras presentations. And cooks can debate for hours the differences between Bolivian rock salt and Hawaiian sea salt.

Through the years we've seen the rise and fall of sun-dried tomatoes, the increasing intensity of chiles and the rise of lower cuts of meats such as short ribs and oxtail. All these developments are reflected in the recipes.

In 1991, staff writer Tom Sietsema, now dining critic at the Washington Post, wrote a story about chefs who were beginning to incorporate herbs into dessert. We know where that has gone -- over the top. If you want to sample the best of this trend, try our 1991 winning recipe for a Rosemary Polenta Pound Cake from Oliveto in Oakland.

In the late 1990s, we were into comforting, creamy foods, reflected in the Bostini Cream Pie, which is still one of our favorites.

Yet comfort to many readers could easily be Tacos de Carnitas (2001) or Turkey Jook (2003), an updated version of rice porridge. Our recipes reflect the rich traditions in the Bay Area. Asian cooking, in particular, is extremely popular: Thai Chicken Salad from 1986, Sumatran Red Short Ribs from 1988, Barbecued Vietnamese Five-Spice Cornish Game Hens from 1990 and a classic Vietnamese Shaking Beef Salad from 1999.


FOOD / THE BEST RECIPES

Twenty years. It doesn't seem like that long ago, yet when I take a look back through the chili, pho, sushi and caviar that have passed down our collective gullets, the changes from then to now are significant.

It was 20 years ago when The Chronicle gathered one of the largest food staffs of any newspaper in the United States, developed a free-standing section and made a conscious effort to focus on the Bay Area food scene. We've produced more than 1,000 sections and more than 15,000 recipes since May 21, 1986. We've grown from a staff of five to a department of 17 working out of our own building behind the main Chronicle offices at Fifth and Mission streets. Here we have a test kitchen, rooftop garden and wine cellar, key to our free-standing Wine section, which began in November 2002.

To celebrate the past and to show how things have changed, we decided to pick the top recipe from each of the last 20 years. It was a difficult task. Some top culinary luminaries have written for our pages, including Alice Waters, Jeremiah Tower, Joyce Goldstein and Narsai David, to name just a few.

The recipes we chose reflect the spirit and excitement of Bay Area cooking. In addition to the recipes here, we've also published the "runners up" for each year on SFGate.com.

Fran Irwin, who is our recipe editor and has been with the Food section since the beginning, went back through every issue to pull out the top contenders. We whittled them down, started cooking in our test kitchen and elicited staff reaction. In choosing the recipes, we've tried to reflect the trends of each year and offer a good mix of authors, styles and combinations that have made our section so diverse.

Cooking these recipes became a roadmap into our past, like opening up a family album and reliving some long forgotten memories.

In 1986, for example, Stolichnaya Razberi and Absolut Peppar made their debut in the United States. What seemed insignificant at the time was actually a benchmark. We were at the cusp of a flavor revolution that began to affect even the most tasteless of spirits. Our recipes of that year reflected this more subtle sensibility.

In the late 1980s, Bruce Cost, one of the country's best-known Asian-cuisine cooks, wrote a column for the Food section and provided recipes from far outside the mainstream. Tested recently for this special issue, most of them seemed familiar and tamely seasoned by today's standards.

I can remember thinking the Sumatran short ribs (our 1988 recipe) were fiery hot. This time around, they seemed full-flavored, but they didn't warrant the warning label we had given them: "hot recipes from Sumatra."

One of the biggest revelations was in our use -- or lack -- of salt, which fell out of favor in the mid-1980s, We've always been on the cutting edge of trends, and we certainly lead the way in this regard many recipes called for very little or no salting.

I remember writing a story in 1989 called "Bring back the salt," lamenting chefs' waning use of this crucial ingredient and examining what salt does to enhance and integrate a dish.

Slowly, salt found its way back into favor. Now, of course, salt has been celebrated and you can find six different kinds at Trader Joe's alone. French Laundry chef Thomas Keller presents a tray with nine examples with his foie gras presentations. And cooks can debate for hours the differences between Bolivian rock salt and Hawaiian sea salt.

Through the years we've seen the rise and fall of sun-dried tomatoes, the increasing intensity of chiles and the rise of lower cuts of meats such as short ribs and oxtail. All these developments are reflected in the recipes.

In 1991, staff writer Tom Sietsema, now dining critic at the Washington Post, wrote a story about chefs who were beginning to incorporate herbs into dessert. We know where that has gone -- over the top. If you want to sample the best of this trend, try our 1991 winning recipe for a Rosemary Polenta Pound Cake from Oliveto in Oakland.

In the late 1990s, we were into comforting, creamy foods, reflected in the Bostini Cream Pie, which is still one of our favorites.

Yet comfort to many readers could easily be Tacos de Carnitas (2001) or Turkey Jook (2003), an updated version of rice porridge. Our recipes reflect the rich traditions in the Bay Area. Asian cooking, in particular, is extremely popular: Thai Chicken Salad from 1986, Sumatran Red Short Ribs from 1988, Barbecued Vietnamese Five-Spice Cornish Game Hens from 1990 and a classic Vietnamese Shaking Beef Salad from 1999.


ビデオを見る: RUNNER


コメント:

  1. Tlilpotonqui

    絶対にあなたに同意します。私には素晴らしいアイデアのようです。仰るとおりです。

  2. Abrafo

    はい...可能性が高い...簡単であるほど良い...すべての独創的なものは単純です。

  3. Webb

    非常に便利な質問

  4. Cha'akmongwi

    ユニークに、優れたメッセージ



メッセージを書く