ja.blackmilkmag.com
新しいレシピ

ビールヨガのトレンドに参加する方法は次のとおりです

ビールヨガのトレンドに参加する方法は次のとおりです


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


人々は山火事のように流行している新しいトレンドでヨガをしながらビールを飲んでいます

下向きのグロッグを探しています。

これが、いつものタフで要求の厳しいヨガのクラスをはるかに速く進めることができるフィットネスのトレンドです。ビールヨガです。ビールを飲むことと手足を伸ばすことは楽しく平和な活動であり、組み合わせる必要があるという哲学に基づいています。

「それはビールとヨガという2つの大きな愛の結婚です。」 BierYogaのウェブサイトには。 「どちらも、体、心、魂のための何世紀も前の治療法です。ビールを飲む喜びとヨガの褒め言葉[ママ]お互いに、そして活気に満ちた体験をしてください。」

はい、クラスでは実際にお気に入りのビールを飲みながらヨガのポーズをとっています。特定のヨガのポーズには、ビールでの敬礼と頭の上のボトルのバランスが含まれます(いいえ、冗談ではありません)。

認定ヨガインストラクターである共同創設者のジュラは、2015年にバーニングマンで同様のコンセプトを見たときに最初にアイデアを思いつきました。しかし、これは私たちが見た最初のビールヨガクラスではありません。 Stretchin'and Belchin 'は、ニューヨーク州エルムズフォードにあるキャプテンローレンスブリューイングカンパニーが提供するクラスで、BierYogaが始まったのとほぼ同時期からビールヨガのクラスを提供しています。

ドイツにいない場合は、今週末にオーストラリアのシドニーでクラスを受講して、期間限定の特別オファーを利用できます。


じゃがいもニョッキレシピ

デビッド・ヨアヒムとアンドリュー・シュロス
から ファインクッキング #104、pp.28-29

夕食付きのグラスワインは、食事をより文明的で楽しいものにします。それでも、特に料理人にとってのアルコールの本当の力は、テーブルで何をするかではなく、キッチンで何をするかにあります。

塩のように、アルコールは食品の風味を引き出します。ワイン、ビール、お酒のどれを使って料理をしていても、これらの飲料に含まれるアルコールは、蒸発と分子結合という少なくとも2つの重要な方法で風味の知覚を改善します。一度に1つずつ持っていきましょう。

薄い空気に
16歳のラガヴーリンシングルモルトのボトルを開けると、すぐにスコッチの香りがします。アルコール分子は、微妙なキャラメルの香りと柔らかなピートの煙を嗅覚センサー(つまり鼻)にすばやく運びます。アルコール分子は揮発性であるため、これを行うことができます。つまり、アルコール分子は急速に蒸発します。

だからこそ、ピノノワールのフルーツサラダやマセレーションピーチにキルシュのスプラッシュを加えると、フルーツの香りが鼻の穴に伝わり、料理の全体的な楽しみが増します。この&#8220揮発性効果&#8221は、料理に含まれるアルコールの濃度が1%以下の場合に最適です。料理の5%以上がアルコールである場合、アルコールの香りが支配的になります。

乗り物をひっかける
食品はまた、アルコールの2番目に優れた品質の恩恵を受けています。それは、脂肪と水の両方の分子と結合します。このように、アルコールは私たちのアロマ受容体(脂肪に溶解できる分子にのみ反応する)と食品(主に水で構成される)の間のギャップを埋めます。食品の優れた「フレーバー」のほとんどは、口の中で味わうのではなく、鼻の香りから来るため、これは非常に重要です。 (鼻づまりがある場合は、食べ物を完全に「味わう」ことができることに注意してください。)

脂肪と水の両方と結合するアルコールの能力は、マリネまたは塩水によってよく示されています。この場合、ニンニク、ハーブ、または他の調味料などの芳香族化合物のフレーバー化合物は、脂肪にのみ溶解します(つまり、脂溶性です)。アルコールは、これらの化合物をマリネに浸した肉に運ぶのに役立ちます。同時に、アルコールは水溶性のフレーバー化合物を肉の細胞に運びます。 (水溶性フレーバーには、甘い、酸っぱい、塩辛い、苦いなどがあります。)アルコールの努力の結果は?マリネした食品の風味と香りが増します。そして、それは多くを要しません:大さじ1杯の中性味のウォッカでさえマリネまたは塩水に加えることはマリネの風味浸透を著しく改善します。

料理中に肉片をワイン、ビール、またはスピリッツで焼くときも同じ原則が機能します。もちろん、液体は肉の表面を湿らせるのに役立ちますが、アルコールは肉にフレーバー化合物を運び、味を改善します。

高強度
アルコールの風味知覚の向上は、還元ソースでも見られます。ステーキを焼いた後、ワインで鍋をデグレーズすると、鍋の底に付着したおいしい茶色のタンパク質を捕らえるだけでなく、それらをアルコールに溶かして、ソースに追加の風味をもたらします。ブロス、フルーツジュース、水などのノンアルコールの液体でデグレーズすると、ソースの風味はそれほど強くなりません。

アルコールの両方のフレーバー強化能力により、少ないほど多くなります。蒸発に関しては、牛肉の煮込み料理の黄褐色のポートのジガーだけで、風味の知覚に明確な違いをもたらすことができます。そして、分子結合により、マリネにスピリットをかけるだけで、完成した料理の風味が強まります。キッチンにアルコールを持ち込む理由はなおさらです。

料理に使われるアルコールは燃え尽きますか?
一般に信じられていることとは反対に、料理に加えられたアルコールは、調理中に「燃え尽きる」ことはありません。完成した料理にどれだけの量が保持されるかは、アルコールの添加量、加えられる熱の量、調理時​​間と放置時間、調理器具の物理的寸法など、いくつかの要因によって決まります。

あなたの目的がショーをすることであるならば、フランベは行く方法です、しかしあなたが完成した皿のアルコールの量を減らそうとしているならば、最も効果的な方法は広い覆われていない鍋で混合物を煮るか焼くことです長期間。以下のチャートを参照してください。

準備/方法 保持 蒸発した
炎上(フランベ) 75% 25%
一晩カバーを外したまま、熱なし 70% 30%
混合物にかき混ぜ、1時間焼くか煮る 25% 75%
混合物にかき混ぜて、2時間半の間焼くか煮る 5% 95%

出典:USDA栄養素保持係数表、リリース6



じゃがいもニョッキレシピ

デビッド・ヨアヒムとアンドリュー・シュロス
から ファインクッキング #104、pp.28-29

夕食付きのグラスワインは、食事をより文明的で楽しいものにします。それでも、特に料理人にとってのアルコールの本当の力は、テーブルで何をするかではなく、キッチンで何をするかにあります。

塩のように、アルコールは食品の風味を引き出します。ワイン、ビール、お酒のどれを使って料理をしていても、これらの飲料に含まれるアルコールは、蒸発と分子結合という少なくとも2つの重要な方法で風味の知覚を改善します。一度に1つずつ持っていきましょう。

薄い空気に
16歳のラガヴーリンシングルモルトのボトルを開けると、すぐにスコッチの香りがします。アルコール分子は、微妙なキャラメルの香りと柔らかなピートの煙を嗅覚センサー(つまり鼻)にすばやく運びます。アルコール分子は揮発性であるため、これを行うことができます。つまり、アルコール分子は急速に蒸発します。

だからこそ、ピノノワールのフルーツサラダやマセレーションピーチにキルシュのスプラッシュを加えると、フルーツの香りが鼻の穴に伝わり、料理の全体的な楽しみが増します。この&#8220揮発性効果&#8221は、料理に含まれるアルコールの濃度が1%以下の場合に最適です。料理の5%以上がアルコールである場合、アルコールの香りが支配的になります。

乗り物をひっかける
食品はまた、アルコールの2番目に優れた品質の恩恵を受けています。それは、脂肪と水の両方の分子と結合します。このように、アルコールは私たちのアロマ受容体(脂肪に溶解できる分子にのみ反応する)と食品(主に水で構成される)の間のギャップを埋めます。食品の優れた「フレーバー」のほとんどは、口の中で味わうのではなく、鼻の香りから来るため、これは非常に重要です。 (鼻づまりがある場合は、食べ物を完全に「味わう」ことができることに注意してください。)

脂肪と水の両方と結合するアルコールの能力は、マリネまたは塩水によってよく示されています。この場合、ニンニク、ハーブ、または他の調味料などの芳香族化合物のフレーバー化合物は、脂肪にのみ溶解します(つまり、脂溶性です)。アルコールは、これらの化合物をマリネに浸した肉に運ぶのに役立ちます。同時に、アルコールは水溶性のフレーバー化合物を肉の細胞に運びます。 (水溶性フレーバーには、甘い、酸っぱい、塩辛い、苦いなどがあります。)アルコールの努力の結果は?マリネした食品の風味と香りが増します。そして、それは多くを要しません:大さじ1杯の中性味のウォッカでさえマリネまたは塩水に加えることはマリネの風味浸透を著しく改善します。

料理中に肉片をワイン、ビール、またはスピリッツで焼くときも同じ原則が機能します。もちろん、液体は肉の表面を湿らせるのに役立ちますが、アルコールは肉にフレーバー化合物を運び、味を改善します。

高強度
アルコールの風味知覚の向上は、還元ソースでも見られます。ステーキを焼いた後、ワインで鍋をデグレーズすると、鍋の底に付着したおいしい茶色のタンパク質を捕らえるだけでなく、それらをアルコールに溶かして、ソースに追加の風味をもたらします。ブロス、フルーツジュース、水などのノンアルコールの液体でデグレーズすると、ソースの風味はそれほど強くなりません。

アルコールの両方のフレーバー強化能力により、少ないほど多くなります。蒸発に関しては、牛肉の煮込み料理の黄褐色のポートのジガーだけで、風味の知覚に明確な違いをもたらすことができます。そして、分子結合により、マリネにスピリットをかけるだけで、完成した料理の風味が強まります。キッチンにアルコールを持ち込む理由はなおさらです。

料理に使われるアルコールは燃え尽きますか?
一般に信じられていることとは反対に、料理に加えられたアルコールは、調理中に「燃え尽きる」ことはありません。完成した料理にどれだけの量が保持されるかは、アルコールの添加量、加えられる熱の量、調理時​​間と放置時間、調理器具の物理的寸法など、いくつかの要因によって決まります。

あなたの目的がショーをすることであるならば、フランベは行く方法です、しかしあなたが完成した皿のアルコールの量を減らそうとしているならば、最も効果的な方法は広い覆われていない鍋で混合物を煮るか焼くことです長期間。以下のチャートを参照してください。

準備/方法 保持 蒸発した
炎上(フランベ) 75% 25%
一晩カバーを外したまま、熱なし 70% 30%
混合物にかき混ぜ、1時間焼くか煮る 25% 75%
混合物にかき混ぜて、2時間半の間焼くか煮る 5% 95%

出典:USDA栄養素保持係数表、リリース6



じゃがいもニョッキレシピ

デビッド・ヨアヒムとアンドリュー・シュロス
から ファインクッキング #104、pp.28-29

夕食付きのグラスワインは、食事をより文明的で楽しいものにします。それでも、特に料理人にとってのアルコールの本当の力は、テーブルで何をするかではなく、キッチンで何をするかにあります。

塩のように、アルコールは食品の風味を引き出します。ワイン、ビール、お酒のどれを使って料理をしていても、これらの飲料に含まれるアルコールは、蒸発と分子結合という少なくとも2つの重要な方法で風味の知覚を改善します。一度に1つずつ持っていきましょう。

薄い空気に
16歳のラガヴーリンシングルモルトのボトルを開けると、すぐにスコッチの香りがします。アルコール分子は、微妙なキャラメルの香りと柔らかなピートの煙を嗅覚センサー(つまり鼻)にすばやく運びます。アルコール分子は揮発性であるため、これを行うことができます。つまり、アルコール分子は急速に蒸発します。

だからこそ、ピノノワールのフルーツサラダやマセレーションピーチにキルシュのスプラッシュを加えると、フルーツの香りが鼻の穴に伝わり、料理の全体的な楽しみが増します。この&#8220揮発性効果&#8221は、料理に含まれるアルコールの濃度が1%以下の場合に最適です。料理の5%以上がアルコールである場合、アルコールの香りが支配的になります。

乗り物をひっかける
食品はまた、アルコールの2番目に優れた品質の恩恵を受けています。それは、脂肪と水の両方の分子と結合します。このように、アルコールは私たちのアロマ受容体(脂肪に溶解できる分子にのみ反応する)と食品(主に水で構成される)の間のギャップを埋めます。食品の優れた「フレーバー」のほとんどは、口の中で味わうのではなく、鼻の香りから来るため、これは非常に重要です。 (鼻づまりがある場合は、食べ物を完全に「味わう」ことができることに注意してください。)

脂肪と水の両方と結合するアルコールの能力は、マリネまたは塩水によってよく示されています。この場合、ニンニク、ハーブ、または他の調味料などの芳香族化合物のフレーバー化合物は、脂肪にのみ溶解します(つまり、脂溶性です)。アルコールは、これらの化合物をマリネに浸した肉に運ぶのに役立ちます。同時に、アルコールは水溶性のフレーバー化合物を肉の細胞に運びます。 (水溶性フレーバーには、甘い、酸っぱい、塩辛い、苦いなどがあります。)アルコールの努力の結果は?マリネした食品の風味と香りが増します。そして、それは多くを要しません:大さじ1杯の中性味のウォッカでさえマリネまたは塩水に加えることはマリネの風味浸透を著しく改善します。

料理中に肉片をワイン、ビール、またはスピリッツで焼くときも同じ原則が機能します。もちろん、液体は肉の表面を湿らせるのに役立ちますが、アルコールは肉にフレーバー化合物を運び、味を改善します。

高強度
アルコールの風味知覚の向上は、還元ソースでも見ることができます。ステーキを焼いた後、ワインで鍋をデグレーズすると、鍋の底に付着したおいしい茶色のタンパク質を捕らえるだけでなく、それらをアルコールに溶かして、ソースに追加の風味をもたらします。ブロス、フルーツジュース、水などのノンアルコールの液体でデグレーズすると、ソースの風味はそれほど強くなりません。

アルコールの両方のフレーバー強化能力により、少ないほど多くなります。蒸発に関しては、牛肉の煮込み料理の黄褐色のポートのジガーだけで、風味の知覚に明確な違いをもたらすことができます。そして、分子結合により、マリネにスピリットをかけるだけで、完成した料理の風味が強まります。キッチンにアルコールを持ち込む理由はなおさらです。

料理に使われるアルコールは燃え尽きますか?
一般に信じられていることとは反対に、料理に加えられたアルコールは、調理中に「燃え尽きる」ことはありません。完成した料理にどれだけの量が保持されるかは、アルコールの添加量、加えられる熱の量、調理時​​間と放置時間、調理器具の物理的寸法など、いくつかの要因によって決まります。

あなたの目的がショーをすることであるならば、フランベは行く方法です、しかしあなたが完成した皿のアルコールの量を減らそうとしているならば、最も効果的な方法は広い覆われていない鍋で混合物を煮るか焼くことです長期間。以下のチャートを参照してください。

準備/方法 保持 蒸発した
炎上(フランベ) 75% 25%
一晩カバーを外したまま、熱なし 70% 30%
混合物にかき混ぜ、1時間焼くか煮る 25% 75%
混合物にかき混ぜて、2時間半の間焼くか煮る 5% 95%

出典:USDA栄養素保持係数表、リリース6



じゃがいもニョッキレシピ

デビッド・ヨアヒムとアンドリュー・シュロス
から ファインクッキング #104、pp.28-29

夕食付きのグラスワインは、食事をより文明的で楽しいものにします。それでも、特に料理人にとってのアルコールの本当の力は、テーブルで何をするかではなく、キッチンで何をするかにあります。

塩のように、アルコールは食品の風味を引き出します。ワイン、ビール、お酒のどれを使って料理をしていても、これらの飲料に含まれるアルコールは、蒸発と分子結合という少なくとも2つの重要な方法で風味の知覚を改善します。一度に1つずつ持っていきましょう。

薄い空気に
16歳のラガヴーリンシングルモルトのボトルを開けると、すぐにスコッチの香りがします。アルコール分子は、微妙なキャラメルの香りと柔らかなピートの煙を嗅覚センサー(つまり鼻)にすばやく運びます。アルコール分子は揮発性であるため、これを行うことができます。つまり、アルコール分子は急速に蒸発します。

だからこそ、ピノノワールのフルーツサラダやマセレーションピーチにキルシュのスプラッシュを加えると、フルーツの香りが鼻の穴に伝わり、料理の全体的な楽しみが増します。この&#8220揮発性効果&#8221は、料理に含まれるアルコールの濃度が1%以下の場合に最適です。料理の5%以上がアルコールである場合、アルコールの香りが支配的になります。

乗り物をひっかける
食品はまた、アルコールの2番目に優れた品質の恩恵を受けています。それは脂肪と水の両方の分子と結合します。このように、アルコールは私たちのアロマ受容体(脂肪に溶解できる分子にのみ反応する)と食品(主に水で構成される)の間のギャップを埋めます。食品の優れた「フレーバー」のほとんどは、口の中で味わうのではなく、鼻の香りから来るため、これは非常に重要です。 (鼻づまりがある場合は、食べ物を完全に「味わう」ことができることに注意してください。)

脂肪と水の両方と結合するアルコールの能力は、マリネまたは塩水によってよく示されています。この場合、ニンニク、ハーブ、または他の調味料などの芳香族化合物のフレーバー化合物は、脂肪にのみ溶解します(つまり、脂溶性です)。アルコールは、これらの化合物をマリネに浸した肉に運ぶのに役立ちます。同時に、アルコールは水溶性のフレーバー化合物を肉の細胞に運びます。 (水溶性フレーバーには、甘い、酸っぱい、塩辛い、苦いなどがあります。)アルコールの努力の結果は?マリネした食品の風味と香りが増します。そして、それは多くを要しません:大さじ1杯の中性味のウォッカでさえマリネまたは塩水に加えることはマリネの風味浸透を著しく改善します。

料理中に肉片をワイン、ビール、またはスピリッツで焼くときも同じ原則が機能します。もちろん、液体は肉の表面を湿らせるのに役立ちますが、アルコールは肉にフレーバー化合物を運び、味を改善します。

高強度
アルコールの風味知覚の向上は、還元ソースでも見ることができます。ステーキを焼いた後、ワインで鍋をデグレーズすると、鍋の底に付着したおいしい茶色のタンパク質を捕らえるだけでなく、それらをアルコールに溶かして、ソースに追加の風味をもたらします。ブロス、フルーツジュース、水などのノンアルコールの液体でデグレーズすると、ソースの風味はそれほど強くなりません。

アルコールの両方のフレーバー強化能力により、少ないほど多くなります。蒸発に関しては、牛肉の煮込み料理の黄褐色のポートのジガーだけで、風味の知覚に明確な違いをもたらすことができます。そして、分子結合により、マリネにスピリットをかけるだけで、完成した料理の風味が強まります。キッチンにアルコールを持ち込む理由はなおさらです。

料理に使われるアルコールは燃え尽きますか?
一般に信じられていることとは反対に、料理に加えられたアルコールは、調理中に「燃え尽きる」ことはありません。完成した料理にどれだけの量が保持されるかは、アルコールの添加量、加えられる熱の量、調理時​​間と放置時間、調理器具の物理的寸法など、いくつかの要因によって決まります。

あなたの目的がショーをすることであるならば、フランベは行く方法です、しかしあなたが完成した皿のアルコールの量を減らそうとしているならば、最も効果的な方法は広い覆われていない鍋で混合物を煮るか焼くことです長期間。以下のチャートを参照してください。

準備/方法 保持 蒸発した
炎上(フランベ) 75% 25%
一晩カバーを外したまま、熱なし 70% 30%
混合物にかき混ぜ、1時間焼くか煮る 25% 75%
混合物にかき混ぜて、2時間半の間焼くか煮る 5% 95%

出典:USDA栄養素保持係数表、リリース6



じゃがいもニョッキレシピ

デビッド・ヨアヒムとアンドリュー・シュロス
から ファインクッキング #104、pp.28-29

夕食付きのグラスワインは、食事をより文明的で楽しいものにします。それでも、特に料理人にとってのアルコールの本当の力は、テーブルで何をするかではなく、キッチンで何をするかにあります。

塩のように、アルコールは食品の風味を引き出します。ワイン、ビール、お酒のどれを使って料理をしていても、これらの飲料に含まれるアルコールは、蒸発と分子結合という少なくとも2つの重要な方法で風味の知覚を改善します。一度に1つずつ持っていきましょう。

薄い空気に
16歳のラガヴーリンシングルモルトのボトルを開けると、すぐにスコッチの香りがします。アルコール分子は、微妙なキャラメルの香りと柔らかなピートの煙を嗅覚センサー(つまり鼻)にすばやく運びます。アルコール分子は揮発性であるため、これを行うことができます。つまり、アルコール分子は急速に蒸発します。

だからこそ、ピノノワールのフルーツサラダやマセレーションピーチにキルシュのスプラッシュを加えると、フルーツの香りが鼻の穴に伝わり、料理の全体的な楽しみが増します。この&#8220揮発性効果&#8221は、料理に含まれるアルコールの濃度が1%以下の場合に最適です。料理の5%以上がアルコールである場合、アルコールの香りが支配的になります。

乗り物をひっかける
食品はまた、アルコールの2番目に優れた品質の恩恵を受けています。それは、脂肪と水の両方の分子と結合します。このように、アルコールは私たちのアロマ受容体(脂肪に溶解できる分子にのみ反応する)と食品(主に水で構成される)の間のギャップを埋めます。食品の優れた「フレーバー」のほとんどは、口の中で味わうのではなく、鼻の香りから来るため、これは非常に重要です。 (鼻づまりがある場合は、食べ物を完全に「味わう」ことができることに注意してください。)

脂肪と水の両方と結合するアルコールの能力は、マリネまたは塩水によってよく示されています。この場合、ニンニク、ハーブ、または他の調味料などの芳香族化合物のフレーバー化合物は、脂肪にのみ溶解します(つまり、脂溶性です)。アルコールは、これらの化合物をマリネに浸した肉に運ぶのに役立ちます。同時に、アルコールは水溶性のフレーバー化合物を肉の細胞に運びます。 (水溶性フレーバーには、甘い、酸っぱい、塩辛い、苦いなどがあります。)アルコールの努力の結果は?マリネした食品の風味と香りが増します。そして、それは多くを要しません:大さじ1杯の中性味のウォッカでさえマリネまたは塩水に加えることはマリネの風味浸透を著しく改善します。

料理中に肉片をワイン、ビール、またはスピリッツで焼くときも同じ原則が機能します。もちろん、液体は肉の表面を湿らせるのに役立ちますが、アルコールは肉にフレーバー化合物を運び、味を改善します。

高強度
アルコールの風味知覚の向上は、還元ソースでも見ることができます。ステーキを焼いた後、ワインで鍋の釉薬を取り除くと、鍋の底に付着したおいしい茶色のタンパク質を捕らえるだけでなく、アルコールに溶かしてソースに風味を加えます。ブロス、フルーツジュース、水などのノンアルコールの液体でデグレーズすると、ソースの風味はそれほど強くなりません。

アルコールの両方のフレーバー強化能力により、少ないほど多くなります。蒸発に関しては、牛肉の煮込み料理の黄褐色のポートのジガーだけで、風味の知覚に明確な違いをもたらすことができます。そして、分子結合により、マリネにスピリットをかけるだけで、完成した料理の風味が強まります。キッチンにアルコールを持ち込む理由はなおさらです。

料理に使われるアルコールは燃え尽きますか?
一般に信じられていることとは反対に、料理に加えられたアルコールは、調理中に「燃え尽きる」ことはありません。完成した料理にどれだけの量が保持されるかは、アルコールの添加量、加えられる熱の量、調理時​​間と放置時間、調理器具の物理的寸法など、いくつかの要因によって決まります。

あなたの目的がショーをすることであるならば、フランベは行く方法です、しかしあなたが完成した皿のアルコールの量を減らそうとしているならば、最も効果的な方法は広い覆われていない鍋で混合物を煮るか焼くことです長期間。以下のチャートを参照してください。

準備/方法 保持 蒸発した
炎上(フランベ) 75% 25%
一晩カバーを外したまま、熱なし 70% 30%
混合物にかき混ぜ、1時間焼くか煮る 25% 75%
混合物にかき混ぜて、2時間半の間焼くか煮る 5% 95%

出典:USDA栄養素保持係数表、リリース6



じゃがいもニョッキレシピ

デビッド・ヨアヒムとアンドリュー・シュロス
から ファインクッキング #104、pp.28-29

夕食付きのグラスワインは、食事をより文明的で楽しいものにします。それでも、特に料理人にとってのアルコールの本当の力は、テーブルで何をするかではなく、キッチンで何をするかにあります。

塩のように、アルコールは食品の風味を引き出します。ワイン、ビール、お酒のどれを使って料理をしていても、これらの飲料に含まれるアルコールは、蒸発と分子結合という少なくとも2つの重要な方法で風味の知覚を改善します。一度に1つずつ持っていきましょう。

薄い空気に
16歳のラガヴーリンシングルモルトのボトルを開けると、すぐにスコッチの香りがします。アルコール分子は、微妙なキャラメルの香りと柔らかなピートの煙を嗅覚センサー(つまり鼻)にすばやく運びます。アルコール分子は揮発性であるため、これを行うことができます。つまり、アルコール分子は急速に蒸発します。

だからこそ、ピノノワールのフルーツサラダやマセレーションピーチにキルシュのスプラッシュを加えると、フルーツの香りが鼻の穴に伝わり、料理の全体的な楽しみが増します。この&#8220揮発性効果&#8221は、料理に含まれるアルコールの濃度が1%以下の場合に最適です。料理の5%以上がアルコールである場合、アルコールの香りが支配的になります。

乗り物をひっかける
食品はまた、アルコールの2番目に優れた品質の恩恵を受けています。それは、脂肪と水の両方の分子と結合します。このように、アルコールは私たちのアロマ受容体(脂肪に溶解できる分子にのみ反応する)と食品(主に水で構成される)の間のギャップを埋めます。食品の優れた「フレーバー」のほとんどは、口の中で味わうのではなく、鼻の香りから来るため、これは非常に重要です。 (鼻づまりがある場合は、食べ物を完全に「味わう」ことができることに注意してください。)

脂肪と水の両方と結合するアルコールの能力は、マリネまたは塩水によってよく示されています。この場合、ニンニク、ハーブ、または他の調味料などの芳香族化合物のフレーバー化合物は、脂肪にのみ溶解します(つまり、脂溶性です)。アルコールは、これらの化合物をマリネに浸した肉に運ぶのに役立ちます。同時に、アルコールは水溶性のフレーバー化合物を肉の細胞に運びます。 (水溶性フレーバーには、甘い、酸っぱい、塩辛い、苦いなどがあります。)アルコールの努力の結果は?マリネした食品の風味と香りが増します。そして、それは多くを要しません:大さじ1杯の中性味のウォッカでさえマリネまたは塩水に加えることはマリネの風味浸透を著しく改善します。

料理中に肉片をワイン、ビール、またはスピリッツで焼くときも同じ原則が機能します。もちろん、液体は肉の表面を湿らせるのに役立ちますが、アルコールは肉にフレーバー化合物を運び、味を改善します。

高強度
アルコールの風味知覚の向上は、還元ソースでも見ることができます。ステーキを焼いた後、ワインで鍋をデグレーズすると、鍋の底に付着したおいしい茶色のタンパク質を捕らえるだけでなく、それらをアルコールに溶かして、ソースに追加の風味をもたらします。ブロス、フルーツジュース、水などのノンアルコールの液体でデグレーズすると、ソースの風味はそれほど強くなりません。

アルコールの両方のフレーバー強化能力により、少ないほど多くなります。蒸発に関しては、牛肉の煮込み料理の黄褐色のポートのジガーだけで、風味の知覚に明確な違いをもたらすことができます。そして、分子結合により、マリネにスピリットをかけるだけで、完成した料理の風味が強まります。キッチンにアルコールを持ち込む理由はなおさらです。

料理に使われるアルコールは燃え尽きますか?
一般に信じられていることとは反対に、料理に加えられたアルコールは、調理中に「燃え尽きる」ことはありません。完成した料理にどれだけの量が保持されるかは、アルコールの添加量、加えられる熱の量、調理時​​間と放置時間、調理器具の物理的寸法など、いくつかの要因によって決まります。

あなたの目的がショーをすることであるならば、フランベは行く方法です、しかしあなたが完成した皿のアルコールの量を減らそうとしているならば、最も効果的な方法は広い覆われていない鍋で混合物を煮るか焼くことです長期間。以下のチャートを参照してください。

準備/方法 保持 蒸発した
炎上(フランベ) 75% 25%
一晩カバーを外したまま、熱なし 70% 30%
混合物にかき混ぜ、1時間焼くか煮る 25% 75%
混合物にかき混ぜて、2時間半の間焼くか煮る 5% 95%

出典:USDA栄養素保持係数表、リリース6



じゃがいもニョッキレシピ

デビッド・ヨアヒムとアンドリュー・シュロス
から ファインクッキング #104、pp.28-29

夕食付きのグラスワインは、食事をより文明的で楽しいものにします。それでも、特に料理人にとってのアルコールの本当の力は、テーブルで何をするかではなく、キッチンで何をするかにあります。

塩のように、アルコールは食品の風味を引き出します。ワイン、ビール、お酒のどれを使って料理をしていても、これらの飲料に含まれるアルコールは、蒸発と分子結合という少なくとも2つの重要な方法で風味の知覚を改善します。一度に1つずつ持っていきましょう。

薄い空気に
16歳のラガヴーリンシングルモルトのボトルを開けると、すぐにスコッチの香りがします。アルコール分子は、微妙なキャラメルの香りと柔らかなピートの煙を嗅覚センサー(つまり鼻)にすばやく運びます。アルコール分子は揮発性であるため、これを行うことができます。つまり、アルコール分子は急速に蒸発します。

だからこそ、ピノノワールのフルーツサラダやマセレーションピーチにキルシュのスプラッシュを加えると、フルーツの香りが鼻の穴に伝わり、料理の全体的な楽しみが増します。この&#8220揮発性効果&#8221は、料理に含まれるアルコールの濃度が1%以下の場合に最適です。料理の5%以上がアルコールである場合、アルコールの香りが支配的になります。

乗り物をひっかける
食品はまた、アルコールの2番目に優れた品質の恩恵を受けています。それは、脂肪と水の両方の分子と結合します。このように、アルコールは私たちのアロマ受容体(脂肪に溶解できる分子にのみ反応する)と食品(主に水で構成される)の間のギャップを埋めます。食品の優れた「フレーバー」のほとんどは、口の中で味わうのではなく、鼻の香りから来るため、これは非常に重要です。 (鼻づまりがある場合は、食べ物を完全に「味わう」ことができることに注意してください。)

脂肪と水の両方と結合するアルコールの能力は、マリネまたは塩水によってよく示されています。この場合、ニンニク、ハーブ、または他の調味料などの芳香族化合物のフレーバー化合物は、脂肪にのみ溶解します(つまり、脂溶性です)。 Alcohol helps carry those compounds into the meat that’s soaking in the marinade. At the same time, alcohol also carries any water-soluble flavor compounds into the meat’s cells. (Water-soluble flavors include sweet, sour, salty, and bitter.) The result of alcohol’s efforts? More flavor and aroma in the marinated food. And it doesn’t take much: Adding even a tablespoon of neutral-tasting vodka to a marinade or brine noticeably improves the flavor penetration of the marinade.

The same principle is at work when you baste a piece of meat with wine, beer, or spirits during cooking. Of course, the liquid helps moisten the meat’s surface, but the alcohol also carries flavor compounds into the meat, improving its taste.

High intensity
Alcohol’s enhancement of flavor perception can be seen in reduction sauces as well. When you deglaze a pan with wine after searing a steak, not only are you capturing the deliciously browned proteins stuck to the bottom of the pan, but you’re also dissolving them in alcohol, which carries additional flavor to the sauce. If you deglaze with a nonalcoholic liquid such as broth, fruit juice, or water, the flavor of your sauce won’t be as intense.

With both of alcohol’s flavor-enhancing abilities, less is more. When it comes to evaporation, just a jigger of tawny port in a braised beef dish can make a distinct difference in flavor perception. And with molecular bonding, just a splash of a spirit in a marinade intensifies the flavors in the finished dish. All the more reason to bring alcohol into the kitchen.

Does the Alcohol Used in Cooking Burn Off?
Contrary to popular belief, the alcohol added to a dish does not “burn off” during cooking. How much is retained in a finished dish is determined by several factors: the amount of alcohol added, the amount of heat applied, the cooking and standing time, and the physical dimensions of the cookware.

If your aim is to put on a show, flambé is the way to go, but if you’re trying to reduce the amount of alcohol in a finished dish, the most effective method is to simmer or bake the mixture in a wide uncovered pan for an extended period of time. See the chart below.

Preparation / Method Retained 蒸発した
Flamed (flambé) 75% 25%
Left uncovered overnight, no heat 70% 30%
Stirred into mixture and baked or simmered for 1 hour 25% 75%
Stirred into mixture and baked or simmered for 2-1/2 hours 5% 95%

Source: USDA Table of Nutrient Retention Factors, Release 6



Potato Gnocchi Recipe

by David Joachim and Andrew Schloss
から ファインクッキング #104, pp. 28-29

A glass of wine with dinner makes a meal more civilized and enjoyable. Yet the real power of alcohol, especially for the cook, lies not in what it does at the table but what it does in the kitchen.

Like salt, alcohol brings out the flavor in food. Whether you’re cooking with wine, beer, or liquor, the alcohol in those beverages improves flavor perception in at least two important ways: by evaporation and by molecular bonding. Let’s take them one at a time.

Into thin air
Open a bottle of 16-year-old Lagavulin single malt and you smell the scotch right away. The alcohol molecules swiftly carry subtle caramel aromas and soft peaty smoke to your olfactory sensors (that is, your nose). The alcohol molecules can do this because they’re volatile, meaning they evaporate rapidly.

That’s why adding a splash of kirsch to a fruit salad or macerating peaches in Pinot Noir helps convey the fruit’s aroma to our nostrils, enhancing our overall enjoyment of the food. This “volatility effect” works best when a dish contains a low concentration of alcohol-1 percent or less. If more than 5 percent of the dish is alcohol, the aroma of the alcohol will dominate.

Hitching a ride
Food also benefits from alcohol’s second remarkable quality: It bonds with both fat and water molecules. In this way, alcohol bridges the gap between our aroma receptors (which respond only to molecules that can be dissolved in fat) and food (which consists primarily of water). This is crucial, because most of the great “flavor” in food comes from aromas in the nose rather than tastes in the mouth. (Notice that you can’t fully “taste” your food when you have a stuffy nose.)

Alcohol’s ability to bond with both fat and water is well illustrated by a marinade or brine. In this case, the flavor compounds in aromatics like garlic, herbs, or other seasonings dissolve only in fat (i.e., they are fat-soluble). Alcohol helps carry those compounds into the meat that’s soaking in the marinade. At the same time, alcohol also carries any water-soluble flavor compounds into the meat’s cells. (Water-soluble flavors include sweet, sour, salty, and bitter.) The result of alcohol’s efforts? More flavor and aroma in the marinated food. And it doesn’t take much: Adding even a tablespoon of neutral-tasting vodka to a marinade or brine noticeably improves the flavor penetration of the marinade.

The same principle is at work when you baste a piece of meat with wine, beer, or spirits during cooking. Of course, the liquid helps moisten the meat’s surface, but the alcohol also carries flavor compounds into the meat, improving its taste.

High intensity
Alcohol’s enhancement of flavor perception can be seen in reduction sauces as well. When you deglaze a pan with wine after searing a steak, not only are you capturing the deliciously browned proteins stuck to the bottom of the pan, but you’re also dissolving them in alcohol, which carries additional flavor to the sauce. If you deglaze with a nonalcoholic liquid such as broth, fruit juice, or water, the flavor of your sauce won’t be as intense.

With both of alcohol’s flavor-enhancing abilities, less is more. When it comes to evaporation, just a jigger of tawny port in a braised beef dish can make a distinct difference in flavor perception. And with molecular bonding, just a splash of a spirit in a marinade intensifies the flavors in the finished dish. All the more reason to bring alcohol into the kitchen.

Does the Alcohol Used in Cooking Burn Off?
Contrary to popular belief, the alcohol added to a dish does not “burn off” during cooking. How much is retained in a finished dish is determined by several factors: the amount of alcohol added, the amount of heat applied, the cooking and standing time, and the physical dimensions of the cookware.

If your aim is to put on a show, flambé is the way to go, but if you’re trying to reduce the amount of alcohol in a finished dish, the most effective method is to simmer or bake the mixture in a wide uncovered pan for an extended period of time. See the chart below.

Preparation / Method Retained 蒸発した
Flamed (flambé) 75% 25%
Left uncovered overnight, no heat 70% 30%
Stirred into mixture and baked or simmered for 1 hour 25% 75%
Stirred into mixture and baked or simmered for 2-1/2 hours 5% 95%

Source: USDA Table of Nutrient Retention Factors, Release 6



Potato Gnocchi Recipe

by David Joachim and Andrew Schloss
から ファインクッキング #104, pp. 28-29

A glass of wine with dinner makes a meal more civilized and enjoyable. Yet the real power of alcohol, especially for the cook, lies not in what it does at the table but what it does in the kitchen.

Like salt, alcohol brings out the flavor in food. Whether you’re cooking with wine, beer, or liquor, the alcohol in those beverages improves flavor perception in at least two important ways: by evaporation and by molecular bonding. Let’s take them one at a time.

Into thin air
Open a bottle of 16-year-old Lagavulin single malt and you smell the scotch right away. The alcohol molecules swiftly carry subtle caramel aromas and soft peaty smoke to your olfactory sensors (that is, your nose). The alcohol molecules can do this because they’re volatile, meaning they evaporate rapidly.

That’s why adding a splash of kirsch to a fruit salad or macerating peaches in Pinot Noir helps convey the fruit’s aroma to our nostrils, enhancing our overall enjoyment of the food. This “volatility effect” works best when a dish contains a low concentration of alcohol-1 percent or less. If more than 5 percent of the dish is alcohol, the aroma of the alcohol will dominate.

Hitching a ride
Food also benefits from alcohol’s second remarkable quality: It bonds with both fat and water molecules. In this way, alcohol bridges the gap between our aroma receptors (which respond only to molecules that can be dissolved in fat) and food (which consists primarily of water). This is crucial, because most of the great “flavor” in food comes from aromas in the nose rather than tastes in the mouth. (Notice that you can’t fully “taste” your food when you have a stuffy nose.)

Alcohol’s ability to bond with both fat and water is well illustrated by a marinade or brine. In this case, the flavor compounds in aromatics like garlic, herbs, or other seasonings dissolve only in fat (i.e., they are fat-soluble). Alcohol helps carry those compounds into the meat that’s soaking in the marinade. At the same time, alcohol also carries any water-soluble flavor compounds into the meat’s cells. (Water-soluble flavors include sweet, sour, salty, and bitter.) The result of alcohol’s efforts? More flavor and aroma in the marinated food. And it doesn’t take much: Adding even a tablespoon of neutral-tasting vodka to a marinade or brine noticeably improves the flavor penetration of the marinade.

The same principle is at work when you baste a piece of meat with wine, beer, or spirits during cooking. Of course, the liquid helps moisten the meat’s surface, but the alcohol also carries flavor compounds into the meat, improving its taste.

High intensity
Alcohol’s enhancement of flavor perception can be seen in reduction sauces as well. When you deglaze a pan with wine after searing a steak, not only are you capturing the deliciously browned proteins stuck to the bottom of the pan, but you’re also dissolving them in alcohol, which carries additional flavor to the sauce. If you deglaze with a nonalcoholic liquid such as broth, fruit juice, or water, the flavor of your sauce won’t be as intense.

With both of alcohol’s flavor-enhancing abilities, less is more. When it comes to evaporation, just a jigger of tawny port in a braised beef dish can make a distinct difference in flavor perception. And with molecular bonding, just a splash of a spirit in a marinade intensifies the flavors in the finished dish. All the more reason to bring alcohol into the kitchen.

Does the Alcohol Used in Cooking Burn Off?
Contrary to popular belief, the alcohol added to a dish does not “burn off” during cooking. How much is retained in a finished dish is determined by several factors: the amount of alcohol added, the amount of heat applied, the cooking and standing time, and the physical dimensions of the cookware.

If your aim is to put on a show, flambé is the way to go, but if you’re trying to reduce the amount of alcohol in a finished dish, the most effective method is to simmer or bake the mixture in a wide uncovered pan for an extended period of time. See the chart below.

Preparation / Method Retained 蒸発した
Flamed (flambé) 75% 25%
Left uncovered overnight, no heat 70% 30%
Stirred into mixture and baked or simmered for 1 hour 25% 75%
Stirred into mixture and baked or simmered for 2-1/2 hours 5% 95%

Source: USDA Table of Nutrient Retention Factors, Release 6



Potato Gnocchi Recipe

by David Joachim and Andrew Schloss
から ファインクッキング #104, pp. 28-29

A glass of wine with dinner makes a meal more civilized and enjoyable. Yet the real power of alcohol, especially for the cook, lies not in what it does at the table but what it does in the kitchen.

Like salt, alcohol brings out the flavor in food. Whether you’re cooking with wine, beer, or liquor, the alcohol in those beverages improves flavor perception in at least two important ways: by evaporation and by molecular bonding. Let’s take them one at a time.

Into thin air
Open a bottle of 16-year-old Lagavulin single malt and you smell the scotch right away. The alcohol molecules swiftly carry subtle caramel aromas and soft peaty smoke to your olfactory sensors (that is, your nose). The alcohol molecules can do this because they’re volatile, meaning they evaporate rapidly.

That’s why adding a splash of kirsch to a fruit salad or macerating peaches in Pinot Noir helps convey the fruit’s aroma to our nostrils, enhancing our overall enjoyment of the food. This “volatility effect” works best when a dish contains a low concentration of alcohol-1 percent or less. If more than 5 percent of the dish is alcohol, the aroma of the alcohol will dominate.

Hitching a ride
Food also benefits from alcohol’s second remarkable quality: It bonds with both fat and water molecules. In this way, alcohol bridges the gap between our aroma receptors (which respond only to molecules that can be dissolved in fat) and food (which consists primarily of water). This is crucial, because most of the great “flavor” in food comes from aromas in the nose rather than tastes in the mouth. (Notice that you can’t fully “taste” your food when you have a stuffy nose.)

Alcohol’s ability to bond with both fat and water is well illustrated by a marinade or brine. In this case, the flavor compounds in aromatics like garlic, herbs, or other seasonings dissolve only in fat (i.e., they are fat-soluble). Alcohol helps carry those compounds into the meat that’s soaking in the marinade. At the same time, alcohol also carries any water-soluble flavor compounds into the meat’s cells. (Water-soluble flavors include sweet, sour, salty, and bitter.) The result of alcohol’s efforts? More flavor and aroma in the marinated food. And it doesn’t take much: Adding even a tablespoon of neutral-tasting vodka to a marinade or brine noticeably improves the flavor penetration of the marinade.

The same principle is at work when you baste a piece of meat with wine, beer, or spirits during cooking. Of course, the liquid helps moisten the meat’s surface, but the alcohol also carries flavor compounds into the meat, improving its taste.

High intensity
Alcohol’s enhancement of flavor perception can be seen in reduction sauces as well. When you deglaze a pan with wine after searing a steak, not only are you capturing the deliciously browned proteins stuck to the bottom of the pan, but you’re also dissolving them in alcohol, which carries additional flavor to the sauce. If you deglaze with a nonalcoholic liquid such as broth, fruit juice, or water, the flavor of your sauce won’t be as intense.

With both of alcohol’s flavor-enhancing abilities, less is more. When it comes to evaporation, just a jigger of tawny port in a braised beef dish can make a distinct difference in flavor perception. And with molecular bonding, just a splash of a spirit in a marinade intensifies the flavors in the finished dish. All the more reason to bring alcohol into the kitchen.

Does the Alcohol Used in Cooking Burn Off?
Contrary to popular belief, the alcohol added to a dish does not “burn off” during cooking. How much is retained in a finished dish is determined by several factors: the amount of alcohol added, the amount of heat applied, the cooking and standing time, and the physical dimensions of the cookware.

If your aim is to put on a show, flambé is the way to go, but if you’re trying to reduce the amount of alcohol in a finished dish, the most effective method is to simmer or bake the mixture in a wide uncovered pan for an extended period of time. See the chart below.

Preparation / Method Retained 蒸発した
Flamed (flambé) 75% 25%
Left uncovered overnight, no heat 70% 30%
Stirred into mixture and baked or simmered for 1 hour 25% 75%
Stirred into mixture and baked or simmered for 2-1/2 hours 5% 95%

Source: USDA Table of Nutrient Retention Factors, Release 6




コメント:

  1. Goldwin

    私はあなたが正しくないと思います。私は自分の立場を守ることができます。 PMで私に書いてください、私たちはそれを処理します。

  2. Wichell

    あなたはマークを打ちました。素晴らしい考えです。それはあなたをサポートする準備ができています。

  3. Mutaur

    それらの多くがありましたO_o

  4. Yozshubei

    はい、論理的に正しい



メッセージを書く